日韓関係の未来はどうなる? 中国の専門家に聞いた―中国メディア

Record China / 2019年10月20日 11時30分

写真

中国メディアの海外網は17日、「日韓関係の絡まった糸は解けるのか」と題する記事を掲載。中国の専門家に今後の日韓関係について聞いた。資料写真。

中国メディアの海外網は17日、「日韓関係の絡まった糸は解けるのか」と題する記事を掲載。中国の専門家に今後の日韓関係について聞いた。

日本で行われる「即位礼正殿の儀(即位の礼)」に出席するため、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が22~24日に訪日する。安倍首相は李首相との会談に含みを持たせており、記事は「膠着して久しい両国関係が改善に至るか注目される」と伝えた。

中国社会科学院日本研究所の呂耀東(リュー・ヤオドン)氏は「現在の日韓関係は、歴史問題が引き起こした経済貿易摩擦と政治の中断のただ中にある。ここで言う政治の中断とは、両国首脳による会談だ。国際的な舞台であっても、双方の首脳が単独で会うことは難しい。こうした情勢で、韓国が首相を日本に派遣し『即位の礼』に出席させることは合理的で、1990年の前例を踏襲したものと言える」と解説した。

その上で、「核心的な問題はやはり歴史だ。歴史問題が解決できなければ、両国関係が改善することは難しく、また共通認識に達することも難しいだろう」とし、「仮に双方が共に譲歩しないのであれば対立は続いていき、さらに悪化することも考えられる。現状を見るに、日韓が将来的に以前のような親密な関係を回復することは難しく、一般的で正常な関係を保ち続けられるだけでも良い方である」との考えを示した。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング