李克強総理が安倍晋三首相と会談―中国メディア

Record China / 2019年11月5日 16時20分

写真

李克強総理は4日、日本の安倍晋三首相とバンコクで会談した。

李克強総理は4日、日本の安倍晋三首相とバンコクで会談した。新華社が伝えた。

李総理は「中日は互いに隣国であり、世界の主要なエコノミーだ。世界経済の下押し圧力が強まる現在、双方は共に多国間主義と自由貿易の維持を望んでおり、中日間の4つの基本文書をしっかりと順守し、互いの核心的利益と重大な懸念を尊重し、共通利益に焦点を合わせ、敏感な問題を適切に扱い、相互信頼の水準を高め、より健全で安定した恒久的な中日関係を築き、両国及び両国民により良く幸福をもたらすだけでなく、世界経済の安定的発展にも新たな原動力を注入するべきだ」と指摘。

「今年はちょうど中日韓協力20周年にあたる。中国側は第8回中日韓サミットを開催する。これを契機に3者協力を促進し、地域の平和・安定と発展・繁栄を共に維持することを期待している」と述べた。

安倍首相は「昨年以来、日中の上層部は会談を重ね、新しい時代において前向きな発展を得るよう両国関係を力強く後押ししてきた。日本側は中国側と対話や意思疎通を強化し、実務協力を深め、国際・地域問題での調整を緊密化することを望んでいる。中国で第8回日中韓サミットに出席し、3者協力を新たな段階へと押し上げることを期待している」と表明した。(提供/人民網日本語版・編集NA)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング