米国のF-35戦闘機はこの訓練の後、中国のJ-20戦闘機に劣ることが浮き彫りに―中国メディア

Record China / 2019年11月9日 23時10分

写真

7日、新浪軍事は、米空軍のF-35戦闘機がドイツ空軍戦闘機との模擬戦訓練を実施した結果、中国空軍のJ-20に劣ることが浮き彫りになったと報じた。写真はF-35戦闘機。

2019年11月7日、新浪軍事は、米空軍のF-35戦闘機がドイツ空軍戦闘機との模擬戦訓練を実施した結果、中国空軍のJ-20に劣ることが浮き彫りになったと報じた。

記事は、先日ドイツ空軍のEF-2000戦闘機とF-35戦闘機が空中戦の模擬訓練を実施したところ、4回の空中戦でEF-2000がいずれも勝利または引き分ける結果となり、注目を集めたと紹介した。

そして、「F-35は推力偏向エンジンにより、相手の目をくらます動作ができる」というドイツ空軍パイロットの話を伝える一方で、「この動作は実戦的な価値に欠けているようで、EF-2000は毎度航空機関砲で相手を捕らえることに成功した」と説明。EF-2000戦闘機はロシアのSu-27第4世代戦闘機を圧倒できるよう、1990年代に機動性と敏しょう性を重点に設計されたものであり、空中戦でF-35に勝利しても決して不思議なことではないと解説している。

また、米軍が今回EF-2000を相手に模擬戦闘を実施した狙いについて、「EF-2000をJ-20に見立てようとした可能性が極めて高い」との推測が広がっていると紹介。一方で、超音速巡航能力を持っていないEF-2000に太刀打ちできなかったF-35は、エンジン改良により超音速飛行を備える見込みのJ-20に対して空中戦で劣勢に立たされており、今後その差はさらに広がる可能性があるとの見方を示した。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング