K-POP女性グループの“絶対的センター”アンケート調査、トップ5のうち3人が非韓国人メンバーに

Record China / 2019年11月19日 19時40分

写真

ここ5年以内にデビューしたK-POPの女性グループ20組の中から、絶対的センターを選ぶアンケート調査で、韓国人以外のメンバーがトップ5のうち3席を占めている。

ここ5年以内にデビューしたK-POPの女性グループ20組の中から、絶対的センターを選ぶアンケート調査で、韓国人以外のメンバーがトップ5のうち3席を占めている。

このアンケートはこのほど、台湾のネット調査サイト「DailyView網路温度計」が行ったもの。今や世界中で人気のK-POPだが、女性グループの絶対的センターを台湾のネットユーザーが選出したこのアンケートで堂々1位に選ばれたのは、TWICEで活躍する台湾人メンバーのツウィ(周子瑜)だった。

2位はオーディション番組から選ばれた期間限定の日韓合同グループIZ*ONE(アイズワン)から、HKT48のメンバーでもある宮脇咲良が選ばれた。

3位は14年にデビューしたMAMAMOO(ママム)から、リーダーのソラ(Solar)が登場。4位はBLACKPINKのメンバーで、ユニットデビュー前から広告モデルとしても人気だったジス(JISOO)が選ばれた。続く5位には、今年は台湾でも人気急上昇した(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)から、台湾人メンバーで19歳のシュファ(葉舒華)が選ばれている。(Mathilda)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング