「家電を安全に使用できる期間」の基準を設定=冷蔵庫は10年、洗濯機は8年―中国

Record China / 2020年1月13日 20時50分

写真

中国家用電器協会が業界を動員して制定した「家電製品安全使用年限」の一連の基準が10日、発表された。資料写真。

中国家用電器協会が業界を動員して制定した「家電製品安全使用年限」の一連の基準が10日、発表された。これにより、冷蔵庫とエアコンが安全に使用できる期間は10年間とされ、洗濯機、乾燥機、換気扇、ガスレンジ、電気温水器は8年間とされた。中国の主要家電に初めて専門家による耐用期間の基準が設定されたことになる。

同協会の姜風(ジアン・フォン)理事長は、「これまでは基準がなく、人々に家電などの耐久消費財についての耐用期間という概念もなかったので、10年以上たっても使われている家電が大量にある原因になる。家電が耐用期間を超えて使用されていると、エネルギー消費量が目に見えて増加するだけでなく、安全上のリスクも大きい。試算によると、2020年だけで新たに家電1億6000台が耐用期間が終了するという」と述べた。

国家発展改革委員会産業発展司の王東(ワン・ドン)巡視員は、「家電が年限を迎えたら買い換えるメカニズムを構築し、古いものから新しいものへのスムーズな循環利用を加速すれば、一方では省エネ・環境保護の安全意識を強化し、期間終了後の古い家電の買い換えを効果的に誘導することにプラスだ。もう一方では家電産業がイノベーション技術の応用を強化し、新製品の供給を増やすことにもつながる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング