安倍首相が楊潔チ委員と会見

Record China / 2020年2月29日 18時35分

日本の安倍晋三首相は28日東京で、中央外事活動委員会弁公室主任を務める楊潔チ・中国共産党中央政治局委員と会見しました。

 楊委員は会談の中で、「新型肺炎の発生以降、中国では習近平国家主席による陣頭指揮の下で、感染予防・抑制の状況に明らかな効果が現れている。我々には新型肺炎との戦いに打ち勝ち、経済・社会発展の年間目標を達成するための能力があり、その実現を確信している」とした上で、日本側からの支持に感謝の意を伝え、日本側に対しても「できる限りの支援と協力を継続するとともに、医療・衛生面での2国間協力および多国間協力に取り組んでいきたい」との意向を示しました。

 また、習主席による日本への公式訪問について、楊委員は「重大な意義を持つものだ」として、日本側との意思疎通を密にしながら、「諸般の準備を整えていく」と述べました。さらに、中国側としては東京オリンピックの開催を断固として支持するとの考えを示しました。

 安倍首相は習主席の訪日について「極めて重要だ」として、訪問が成功し、成果を挙げるものとなるよう「入念に準備していく」と述べました。また、中国側の新型肺炎対策における積極的な成果を評価し、「中国と情報共有や感染対策などの面での交流と協力を強化し、世界的な公衆衛生上の試練を共に乗り切るという前向きなシグナルを共に発していきたい」と語りました。(提供/CRI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング