新型コロナウイルスを30秒で99%除菌、韓国企業の技術に注目「早く製品化を」

Record China / 2020年4月3日 17時10分

写真

2日、韓国・ソウル経済は、同国の企業が開発した技術で新型コロナウイルスを30秒で99%殺菌できることが分かったと報じた。写真は韓国ソウル。

2020年4月2日、韓国・ソウル経済は、同国の企業が開発した技術で新型コロナウイルスを30秒で99%殺菌できることが分かったと報じた。

記事によると、電子部品メーカー・ソウル半導体の関連会社のソウルバイオシスは、高麗大学の研究チームに実験を依頼。紫外線発光ダイオードを物に照らして殺菌する技術「バイオレッズ技術」を用いて、バイオレス光をコロナウイルスに30秒間当てると、ウイルスが99.9%殺菌されたという。

同社は2005年からこの技術の開発を開始。空気清浄機などに技術を導入しているという。同社の関係者は、「バイオレッズ技術は新型コロナウイルスの拡散防止に寄与できる」と話しているという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「さすがは韓国の技術力」「素晴らしい。期待が持てる」「おかげで国民は健康を維持できる」と喜ぶ声が上がっている。

また、「一般の人が簡単に使用できるように製品化して」「この技術が病院や人が多い場所で早く普及するといい」「医療スタッフの衣服や医療器具の消毒に使えそうだ」「最近は金に触れるのにも気を使うので、金を消毒して使えばいいね」などと実用化を望むコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング