韓国サムスンのスマホ販売台数が急減、トップ5企業で下落幅最大に=韓国ネットに不安

Record China / 2020年8月27日 7時20分

写真

26日、韓国・ニューシスは、今年4~6月期のスマートフォン販売台数において、米アップルと韓国サムスン電子の明暗が分かれたと伝えた。写真はサムスンのスマホ。

2020年8月26日、韓国・ニューシスは、今年4~6月期のスマートフォン販売台数において、米アップルと韓国サムスン電子の明暗が分かれたと伝えた。アップルが0.4%の減少にとどまった一方、サムスンは27.1%急減した。

記事によると、米調査企業ガートナーによる調査の結果、世界の今年4~6月期のスマートフォン販売台数は前年同期比20.4%減の2億9467万台だった。

サムスン電子は5476万台(シェア18.6%)で1位となったが、前年同期比では27.1%急減した。下落幅は世界5大スマートフォン製造企業のうち最も大きかったという。

2位は中国ファーウェイで5413万台(シェア18.4%、前年同期比マイナス6.8%)、3位はアップルで3839万台(13%、マイナス0.4%)、4位は中国シャオミで2610万台(8.9%、マイナス21.5%)、5位は中国オッポで2361万台(8.0%、マイナス15.9%)となった。

今年4~6月期のスマートフォンの販売台数が急落したのは新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いているためとみられている。記事は「中国を除くほとんどの主要市場が感染拡大防止のため事実上の封鎖措置を取っており、スマートフォンの需要が減少し続けている」と説明している。

ファーウェイは前年同期比では6.8%減少したものの、前四半期比では27.4%成長してサムスン電子を猛追している。ファーウェイの追い上げは中国内の需要と中国政府の第5世代スマートフォンに対する支援拡大によるものとみられている。

これを見た韓国のネットユーザーからは、サムスンの販売台数急減の理由として「製品に革新がないから当然の結果だ」「高過ぎる。ただでさえコロナで生活が苦しいのに」との声が上がっている。

また、「それでも1位をとれるサムスンがすごい」「米国も中国も自国内で売れた分を除いたらどうなる?自国以外で売れた数を比較したらファーウェイもアップルも絶対にサムスンに追いつけない」と前向きに捉える声もあるが、多くは「スマホがなくなったら韓国はどうやって生きていく?」「不吉な予感。韓国に大きな危機が迫っているのでは」など不安げな声となっている。

米調査企業Canalysが先月末に発表した今年4~6月期のスマートフォン出荷台数では、ファーウェイが5580万台でサムスン電子(5370万台)を抑えて四半期基準で初めて1位となっていた。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング