中国経済の影響力はこれまでにないほど大きくなる―米メディア

Record China / 2020年10月15日 6時20分

写真

11日、中国日報網は、「中国の影響力はこれまでにないほど大きくなる」とする米メディアの報道を紹介した。写真は中国の露店。

2020年10月11日、中国日報網は、「新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大し経済が疲弊している中、いち早く経済回復を遂げた中国の影響力はこれまでにないほど大きくなる」とする米メディアの報道を紹介した。

記事によると、このような見方を示したのは米CNN。「新型コロナ期間中、航空機のフライトは中止せざるを得ず、企業が麻痺している中、中国は今年唯一、経済衰退を回避できた大国となった」と指摘し、「世界銀行の夏季の予測によると、今年の中国の国内総生産(GDP)は1.6%増で、世界全体のGDPは5.2%減となっている」と説明した。

CNNはまた、「中国は厳格な防疫措置により、比較的早く経済を回復させ、政府は数千億元を使って大型のインフラプロジェクトを実行するなどした。国慶節休暇中の旅行と消費を見ると、その成果は明らかだ」と評価したという。

この他、英紙フィナンシャル・タイムズは「国慶節休暇中、数億人の中国人旅行者が中国経済回復を後押しした。文化観光部のデータによると、国慶節の8日間の連休中に旅行した人は延べ6億3700万人で、売上高は4666億元(約7兆3000億円)に達した」と伝えた。(翻訳・編集/山中)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング