中国バドミントン界のレジェンド・林丹が現役引退、東京五輪出場ならず―中国メディア

Record China / 2020年7月7日 8時20分

写真

バドミントン男子シングルスで、2008年北京、2012年ロンドン両五輪を連覇し、中国代表として20年活躍した林丹(リン・ダン)が4日、微博(ウェイボー)で、現役引退を表明した。

バドミントン男子シングルスで、2008年北京、2012年ロンドン両五輪を連覇し、中国代表として20年活躍した林丹(リン・ダン、37)が4日、微博(ウェイボー)で、現役引退を表明した。人民網が各社の報道をまとめて報じた。

林丹は、世界のバドミントン界における最も優秀な選手だったことに疑いの余地はなく、五輪では2連覇を達成し、世界選手権を5度制したほか、主力選手として、中国代表がトマス杯で6度、スディルマンカップで5度優勝するのに貢献した。そして、国際大会で20回優勝するというまさに前人未踏の記録を築き上げた。

林丹は、輝かしい成績を収めてきただけでなく、試合中に見せる決してあきらめることのない不屈の精神で、世界のバドミントン界において大きな影響を与えてきた。林丹と、ライバルである李宗偉(リー・チョンウェイ、マレーシア)の対戦は、世紀の一戦として語り草となっている。

ただ、東京五輪が近づくにつれて、林丹は年齢や体力の限界に悩むようになり、成績も思うように伸びなくなっていた。特に、五輪出場権をかけたポイント獲得の過程で、あきらめるような発言をすることこそなかったももの、たくさんの壁にぶち当たっていた。昨年、李宗偉が健康上の理由で現役を引退した際、林丹は、「誰も一緒に戦ってくれる人がいなくなってしまった」というコメントを綴った。その時、林丹は年齢とけがと闘いながら、5回目の五輪出場権獲得に挑戦し続けていた。

林丹は、「壁にぶつかるたびに、現役を少しでも長く続けることができるようにと、『あきらめるな』と自分に言い聞かせてきた。若い時は、ランキングを上げることだけを考えていたが、ここ数年は、ベテラン選手として体の限界に挑戦し、決してあきらめないというスポーツの精神を実践してきた」と話した。

しかし、今年は新型コロナウイルス流行の影響で、世界のバドミントン界は先行きが不透明な状態となっており、東京五輪が1年延期となり、世界のバドミントンの大会も延期や中止が続いている。それらさまざまな要素を総合的に考えたうえで、林丹は最終的に現役引退を決意した。人生の全てをバドミントンに捧げてきた彼にとって、これは本当に難しい決断だったと言えるだろう。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング