江西省、中国最大の淡水湖が警戒水位超える―中国メディア

Record China / 2020年8月27日 20時50分

写真

中国最大の淡水湖・●陽湖(●は番へんにおおざと)の重要な水文観測所である星子観測所の水位が同日午後4時に、19.05メートルに達し、警戒水位を0.05メートル超えた。

江西省水害・干ばつ対策総指揮部の26日の発表によると、中国最大の淡水湖・●陽湖(●は番へんにおおざと)の重要な水文観測所である星子観測所の水位が同日午後4時に、19.05メートルに達し、警戒水位を0.05メートル超えた。前日25日午後4時と比べて0.07メートル上昇した。中国新聞網が伝えた。

江西省水害・干ばつ対策総指揮部によると、同省では水害対策のために延べ485万2500人投入された。うち、一般省民が319万3400人、幹部が76万1500人、部隊が77万人、消防隊員が7万4900人、森林消防隊員が4067人、安能第二工程局の職員が1万5200人、江西省鉱山の救護隊が1325人、地方専従森林消防隊員が2万7600人、社会の救援参加者が1万269人。水害対策に投じた機械設備は3万3000台・セット、使われた土や石は245万7900立方メートルに達している。

7月以来、●陽湖の水位が急上昇しているため、江西省は湖の水を秩序立てて遊水地に流している。江西省水害・干ばつ対策総指揮部が発表した最新統計によると、今月26日午前11時の時点で、長江や●陽湖では213カ所の遊水地に水が流された。うち、湖周辺の遊水地が185カ所、長江沿いが17カ所、その他の遊水地が11カ所となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング