四川省初の山地鉄道交通プロジェクトが着工、貧困支援の一環―中国

Record China / 2020年10月2日 18時50分

写真

起伏ある山地を走る観光列車に乗って、四川省の都江堰(青城山)や臥龍から、四姑娘山に向かい、その途中で、四川省西部の美しい景色を存分に楽しむというそんな夢のような旅が6年後には実現しそうだ。

起伏ある山地を走る観光列車に乗って、四川省の都江堰(青城山)や臥龍から、四姑娘山に向かい、その途中で、四川省西部の美しい景色を存分に楽しむというそんな夢のような旅が6年後には実現しそうだ。9月27日、都江堰から四姑娘山への山地鉄道交通貧困支援プロジェクト(都四プロジェクト)が着工した。完成すれば、列車に乗って都江堰、青城山、臥龍、四姑娘山などの景勝地を巡ることができる。同プロジェクトは、四川初の山地鉄道交通貧困者支援プロジェクトとなる。四川日報が伝えた。

四川省が重点的に実施する鉄道交通旅行・観光テスト事業の都四プロジェクトは総投資額が215億9000万元で、線路は全長約123キロ、最高設計時速は120キロだ。プロジェクトは、都江堰市からスタートし、●川県(●はさんずいに文)映秀鎮、耿達、臥龍、映雪、トウ生溝、巴朗山などを通過して、小金県四姑娘山鎮に到達する。

都四プロジェクトが完成すれば、四川省西部の豊富な観光資源と成都平原が一体となる。生態環境を保護するために、プロジェクトでは、架け橋やトンネルが多く採用され、全線の架け橋・トンネル比は98.34%に達している。

同プロジェクトは、旅客輸送をメインにし、小規模の貨物輸送の機能も担う。沿線の貨物輸送ルートが開通することになり、経済産業の発展を牽引して、貧困地域が貧困脱却後も持続して発展するための問題を解決する。

同路線は、エコトーン、民族文化保護区、国家希少動物保護区などを横断している。都四プロジェクトは世界的にも前例の少ないプロジェクトで、多くの課題に直面しており、完成すれば、中国全土、ひいては世界に非常に価値のある前例を提供することができるとみられている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング