「三つの新」 五中全会コミュニケの核心的内容

Record China / 2020年11月1日 15時50分

写真

中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議は10月29日に閉幕しました。今会議は新しい発展段階と位置づけた第14次五ヵ年計画を中心に、一連のガイドラインと守るべき原則を打ち出しました。

中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議は10月29日にコミュニケを発表して閉幕しました。

コミュニケには「イノベーション、協調、グリーン、開放、共有といった新しい発展理念を貫くこと」、「国内循環をメインとし、国内と世界の両循環の相互促進といった新しい発展モデルの構築を加速すること」、「新しい発展理念を貫き、新しい発展の配置力とレベルを構築して、高品質発展の実現に根本的な保障を提供すること」などの内容が盛り込まれました。

このように、今会議は新しい発展段階と位置づけた第14次五ヵ年計画を中心に、一連のガイドラインと守るべき原則を打ち出しました。

会議の2カ月前、習近平総書記は主催した党外人士懇談会で、党中央が制定した新たな五カ年計画と2035年ビジョンの目標に関する建議について、「新しい発展段階を深く認識すること、新しい発展理念を全面的に貫くこと、新しい発展モデルの構築に力を入れること」を求めました。

また、中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議は、新たな五カ年計画期間中の経済社会発展の主要目標についても12の実施案を出しました。これによって新しい発展段階では、新しい発展理念に沿って、高品質発展の道を歩むことが明確化されました。

このほか、12の実施案の重要な内容でも「強大な国内市場を作り上げ、新しい発展モデルを構築すること、新しい発展段階のルートは新しい発展モデルであること」が強調されています。

2021年-2025年までの新たな五ヵ年計画は、今後の発展方向と歩みを明確に示しています。(提供/CRI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング