輸入貿易促進革新モデル区が10カ所新設

Record China / 2020年11月5日 12時40分

写真

第3回中国国際輸入博覧会の開幕を前に、商務部は4日、輸入拡大の新たな措置を発表しました。それにより、輸入貿易促進イノベーションモデル区10カ所が新設されます。

第3回中国国際輸入博覧会の開幕を前に、商務部は4日、輸入拡大の新たな措置を発表しました。それにより、東部、中部、西部、北東部の古い工業基地をカバーする輸入貿易促進イノベーションモデル区10カ所が新設されます。

具体的には、上海市虹橋ビジネス区、遼寧省大連市金普新区、江蘇省昆山市、浙江省義烏市、安徽省合肥経済技術開発区、福建省アモイ市湖里区、山東省青島西海岸新区、広東省広州市南沙区、四川省天府新区、陝西省西安国際港務区となっています。

データによりますと、今年世界で新型コロナウイルスが猛威を振るう中、第3四半期の中国の輸入総額は前年同期比4.3%増となり、過去最高を記録しました。世界貿易機関(WTO)の統計によりますと、上半期における中国の輸入額は世界全体の11.3%を占め、昨年同期より0.8ポイント高く、過去最高だということです。(提供/CRI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング