われわれ中国人はおろそかにしがち! 日本に行くなら知っておくべき8つのこと―中国メディア

Record China / 2021年1月23日 11時30分

写真

20日、今日頭条に、「中国人はおろそかにしがちな、日本の生活で知っておく必要がある8つの細かい事柄」を紹介する記事が掲載された。

2021年1月20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「中国人はおろそかにしがちな、日本の生活で知っておく必要がある8つの細かい事柄」を紹介する記事が掲載された。

まず食事について、「日本ではラーメンを食べるときに大きな音を出してすすることで、店へのリスペクトを示す」という話が誤解であると指摘。実際は大半の日本人が、大きな音を出してすすることに対して悪い印象を持っていると伝えた。また、お茶わんを持って食べること、テーブルに突っ伏すように食べないことを挙げている。

次に、玄関で靴を脱ぐ習慣を紹介し、家に入るときはもちろんのこと、座敷のある居酒屋などでも靴を脱いで上がる必要があるとした。3つ目にはトイレを使う際にドアをしっかり閉めることを挙げ、これを守らないと「不衛生」「マナー知らず」という印象を与えてしまうとした。

4つ目に挙げたのは敬語だ。日本では下の者が上の者に、店員が顧客に話をする場合に敬語を用いるとし、「外国人ということでそこまで厳しくは求められないものの、理解はしておく必要がある」と指摘した。5つ目では燃えるごみ、燃えないごみ、リサイクルごみ、リサイクルできないごみ、粗大ごみなど、日本の細かいごみ分類ルールについて紹介している。

6つ目では自転車の利用ルールが厳しく、イヤホンを装着して乗っていると警察官に止められ注意されること、7つ目では日本の飲食店で料理を注文する際は基本的に「1人ずつ、食べられるだけの量」を注文すること、そして最後の8つ目には現金が依然として主流の日本では「小銭」を使う機会が多く、ある程度常備しておく必要があることを挙げた。(翻訳・編集/川尻)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング