1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

<コラム>中国人が引っ越したい国ランキング、日本は何位?

Record China / 2021年2月12日 10時20分

写真

「中国国際移民報告2020」ブルーブック。「中国の国際移民の流出先は主要三カ国である米国・日本・カナダ」とあり、「中国人が引っ越したい国人気ランキング」に大きな変動が生じ、日本は2位となった。

最近「世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は…| ニューズウィーク日本版」という記事を読んで、ちょっと気になってしまった。

一体何が気になったのか。それは中国人が引っ越したい国人気ランキングで、日本は一体何位なのかということである。

3年前であれば、答えは非常に明快だ。「中国人に人気の移民先、トップはこの国-米華字メディア|レコードチャイナ」という記事にもあるように、2018年時点では中国人が引っ越したい国人気ランキング1位は米国(79%)、2位はカナダ(25%)、3位はオーストラリア(15%)と続く。

一方でこの記事にある「中国の民間シンクタンク胡潤研究院」の「2018胡潤中国投資移民白書」を見ると、1位は米国、2位は英国、3位はアイルランド、4位はカナダ、5位はオーストラリア、6位はギリシャ、7位はポルトガル、8位はスペイン、9位はマルタ、10位はキプロスとある。

だから数年前であれば、日本はベスト3でもベスト10でもない。簡単な話をすれば、移民を「投資」の一手段とみなす中国人にとって、日本はあまり魅力的な国ではなかった。

ところが「日本で暮らす中国人が増え続けるのはなぜ?『日本にはたくさんの魅力』=中国メディア|サーチナ」(2019年)や「『移住先は間違いなく日本』そのわけは=中国メディア|サーチナ」(2020年)また「多くの中国人が考える『移住するならやっぱり日本…』その理由は=中国メディア」(2020年)という記事を見つけてしまった。

最初の記事には「日本人は他人に迷惑をかけることを避けると同時に他人を尊重するゆえ、中国よりも生活していて心地良いのは事実」「日本は工業の発達している国であるが青空が広がっていて、中国のように常にスモッグがかかっているわけではないことや、治安が良いことを紹介」「最も大きな理由は日本の福利厚生が良いことにある」「日本では義務教育が無料で受けられることや、保険制度が完備されているため進んだ医療を安く受けられることは、大きな魅力となっている」とある。まあ、その通りではある。

次の記事によると「中国人にとって同じアジアの国である日本の文化は比較的なじみやすい」「日本には漢字が使われており一目見ただけで意味が伝わることも多い」「日本には中国人も多く本格的な中華料理店も多く、食べなれた食事をすることもできる。場合によっては日本在住の中国人とも交流でき、ホームシック問題は少ないはず」「日本にも中華街があり中華食材は何でも入手することができる」とのこと。まあ、そんな風に考えてしまうのは分からなくもない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング