東京タワーが「チャイナレッド」に! 中国SNSでは韓国に対する「当て付け」

Record China / 2021年2月12日 13時20分

写真

東京タワーが2月11日、旧正月に合わせて赤色にライトアップされたことを受け、中国のネット上には韓国への「当て付け」のような書き込みが相次いでいる。

東京タワーが2月11日、旧正月に合わせて赤色にライトアップされたことを受け、中国のネット上には韓国への「当て付け」のような書き込みが相次いでいる。

東京タワーは「日中の友好と新型コロナウイルス感染症の早期終息を祈る」ことを目的として、旧暦の大みそかにあたる同日夜にタワーを赤色にライトアップした。中国の国営テレビのニュースサイトや大手メディアは、この様子を「チャイナレッド」に染まったなどと報じている。

また、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で130万のフォロワーを持つあるアカウントは、「日本の東京タワーがチャイナレッドに光り共に新春を迎える」というワードのハッシュタグに、駐中国韓国大使館をメンション(特定の相手へ向けたメッセージ)して「早く見においで」とコメントを添えた。

背景には、韓国の市民団体VANKが先日、グーグルサーチに「“Lunar New Year”(旧正月)と検索すると自動的に“Chinese New Year”と表示され、中国の春節に関する情報が先に出てくる現象」を修正するよう求め、これが受け入れられたと発表したことがあるようだ。VANKは「韓国やベトナム、カナダ、オーストラリアなどでも旧正月を祝うにもかかわらず、中国の春節に一律にまとめるのは他国の伝統文化に対する軽視だ」などと主張していた。

上記の微博アカウントには、東京タワーのライトアップが「日中友好」を意識したものであることから、「日本においても旧正月は中国の文化と認識されている」ということを改めて韓国側に知らしめる意図があるようだ。

他のネットユーザーからは、「日本はやはり中国の文化を認めているところがある」「韓国側は(これを見て)どんな顔をするかな」といった声や、「春節が中国のものだと知らないのは、世界で韓国だけ」「韓国が他国のものを奪おうとするのは、世界的に有名」「東京タワーは韓国のものなんだよ。エジプトのピラミッドもね」などと皮肉る声が寄せられている。

中でも最も多くの共感を集めていたのは、「韓国人は、外国人が春節を祝うのは中国や海外の華人の影響力によるものだということを認識すべき。君たちは中国の熱気に乗じているだけ。仮に中国が春節を祝わなくなったら、外国人も祝わなくなる」とのコメントだった。(翻訳・編集/北田)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング