中国の越境ECが急成長、注目のユニコーン企業、Airwallex、SHEIN、行雲集団とは?

Record China / 2021年3月1日 14時20分

写真

爆買いを封じられた中国人による越境Eコマースが、活況を呈している。

爆買いを封じられた中国人による越境Eコマースが、活況を呈している。海関総署(税関)の統計によれば、2020年の中国越境Eコマースは、輸出1兆1200億元(40.1%増)輸入5700億元(16.5%増)だった。アリババ、京東など中国大手だけでなく、アマゾン、Wish、e-bay、Shopeeなど海外大手、売り手である中国の中小企業、すべてにわたり沸き立っている。ここでは注目ユニコーン企業にスポットを当てたい。日本企業にとっても有益な情報のはずである。

■越境Eコマース…11社のユニコーン企業

・電子ビジネス情報の「億邦動力」は2020年11月、「世界越境Eコマース新勢力ランキング50社」を発表した。そのうち、以下11社はユニコーン企業だ。

出門問問…2012年設立。人工知能、語音識別、語義分析、視覚ロボット。グーグル出資。

DJI…2006年設立、ドローン製造世界一。深セン拠点。

Airwallex…2015年、オーストラリア設立の国際決済プラットフォーム。香港拠点。

LianLian連連…決済プラットフォーム、2013年から海外決済に進出。杭州拠点。

Pingpong…越境Eコマース、海外送金、国際決済プラットフォーム。杭州拠点。

SHEIN…2009年設立。輸出越境Eコマース専業アパレル。売上急成長。南京拠点。

行雲集団…輸入越境B2Bプラットフォーム。深セン拠点。

Yeahmobi…2011年設立、越境Eコマースのマーケティングサービス。西安拠点。

洋碼頭…2009年設立、輸入越境Eコマースプラットフォーム。上海拠点。

YHgGobal…2012年設立、国際物流サプライチェーンサービス。深セン拠点。

Jollychic…2012年設立、中東向けの輸出B2Cプラットフォーム。杭州拠点

今後、影響の大きそうな注目企業をピックアップして紹介したい。

(*ユニコーン企業=企業価値10億ドル以上、設立3~10年のべンチャー)

■Airwallex…香港拠点の決済サービスプラットフォーム

・アリババ、テンセント共に出資、VISAと提携

オーストラリアのメルボルンで2015年に設立、共同創業者の1人は中国人である。海外送金業務からスタート、2017年には決済サービスへ参入、中小企業の為替リスクヘッジや決済コストの引き下げに貢献してきた。金融業、越境Eコマース、オンライン旅行、オンラインエンタメ、物流、教育&留学などさまざま国際的な業界に、決済サービスを提供している。さらに越境プラットフォーム運営上の課題分析、ソリューション提供も行っている。WeChatやVISAカードなど大手とも提携、新プラットフォームによる新サービスも展開中だ。オーストラリア、香港、英国、米国、カナダ、日本で金融サービスライセンスを取得し、越境EC大手の約80%にサービスを提供しているという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング