1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

X線検査で怪しい箱、開けてみたら大量の生きたアリ―中国

Record China / 2021年2月25日 18時20分

写真

上海の税関でこのほど、海外から中国国内に送られた小包の中から大量の生きたアリが発見される出来事があった。

上海の税関でこのほど、海外から中国国内に送られた小包の中から大量の生きたアリが発見される出来事があった。人民網などが24日付で伝えた。

報道によると、上海税関のスタッフが郵便物のX線検査を行っていたところ、内容物の欄に「歯科用消耗品」と書かれた段ボール箱に異常な影を発見。中を開けて確認すると、大量の生きたアリが1匹ずつプラスチックケースに入れられた状態で入っていた。アリは体長2センチほどで、計406匹に上ったという。アリはすべて同税関が押収した。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のランキングでは「上海税関で406匹の生きたアリが押収される」が一時2位まで上昇。ネットユーザーからは「なんて恐ろしい」「目的は一体何なのか」「こんなもの送ってきて何をしようというのか」「誰に宛てて送られたものなのか。捕まえてきっちり裁いてほしい」「外来生物は天敵がいない環境で狂ったように繁殖し、生態系のバランスを破壊してしまう。(見逃したら)大変なことになる」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング