1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

韓国紙「ブーメランとして戻ってきた日本に対する過度な自信」と警鐘、「理想主義に埋没」とも

Record China / 2021年3月20日 16時40分

写真

韓国の外交政策をめぐり、韓国紙は「バラ色の幻想から抜け出さなければならない」と訴え、日本に関しては「ブーメランとして戻ってきた日本に対する過度な自信」と警鐘を鳴らした。ソウル

韓国の外交政策をめぐり、中央日報は国際問題専門家のコラムを掲載し、「理想主義に埋没していると国家的危機に直面しかねない。バラ色の幻想から抜け出さなければならない」と訴えた。日本に関しては「ブーメランとして戻ってきた日本に対する過度な自信」と警鐘を鳴らした。
同紙に寄稿したのはソウル大国際大学院教授兼国際学研究所長の朴チョル熙氏。朴氏はまず北朝鮮政策を取り上げ、「文政府は何よりも北朝鮮が望むことをすれば平和がやってくると認識している。現政権が推進する韓半島(朝鮮半島)平和体制構築の大義そのものを否定する者は少ない。だが、これを実現しようとする方法論は北朝鮮の望みを聞き入れてこそ平和がやってくるという根拠のない理想主義に傾いている」と述べた。
対中国政策では「文政府は中国に融和的態度を取れば韓半島が安定すると考えているようだが、韓国が得た実益はほとんどない」と批判。「中国の目に良く映ったとしても、中国は自国の戦略的利益を優先するだけで韓国側に立つことはない。韓国が中国に傾倒した国という印象を植え付けることになれば、結局韓米関係で葛藤の溝だけを深めてしまう」などといさめた。
日本との関係については「第一に日本が加害者だが、自己反省も不足しているから最後まで強く出て勝負をつけようとする。日本国内に謝罪疲労症と和解に対するあきらめによって嫌韓と反韓が広がっているという現実を見なかった」と言及。「日本国内の親韓派が無力化した現実にも目を閉じた。信頼が底まで落ち、信頼を取り戻すすべもないのに、協力という機会の入り口を閉じて自分たちが必要な時に開いてほしいという有様だ。日本を過度に遠ざけて自ら呼び込んだ損害だった」とした。
続いて「第二に日本はこれくらい耐えてくれるだろうという過剰な自信も問題だ」と指摘。「韓日企業はグローバル供給ネットワークに共同で参加して相互依存する関係で、軍事安保の面でも日本と在日米軍の支援は韓国安保に不可欠な要素だ。韓日両国が協力すれば互いに利益だが、一方が損害を被れば非対称的に韓国側の損のほうが大きくなるという事実を努めて無視した。それによる損害は結局企業と国民がかぶるよりほかはなくなる」と論じた。
さらに「第三に韓日関係と韓米関係は別個だというのも幻想に近い」と憂慮。「韓日両国は米国同盟ネットワークの一員として不可分の関係として組み込まれている。韓日安保協力は米国の重要な戦略的利害だ。日本は米国が主導するインド太平洋戦略や日米豪印戦略対話(QUAD)などに積極的に参加しているが、韓国は参加をためらっている。同盟の非対称性が大きくなっている。韓日関係が悪化すれば結局は韓米関係にも否定的な影響を及ぼすしかないのが現実だ」と警告した。(編集/日向)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング