1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

中国の高速リニアモーターカー、2035年に乗車可能か―中国メディア

Record China / 2021年3月26日 18時40分

写真

中国交通運輸部は24日、2035年に高速リニアモーターカーに乗車できるかという質問に答えた。写真は中国のリニアモーターカー。

中国交通運輸部は24日、中国国務院新聞弁公室が開いた記者会見で、2035年に高速リニアモーターカーに乗車できるかという質問に対して「関係側が積極的に研究開発を展開しており、すでに研究開発、試験、試作プラットフォームを構築している。試作品もテスト走行に成功した」と回答した。中国新聞社が伝えた。
交通運輸部総プランナー兼総合計画司の汪洋(ワン・ヤン)司長は、「『交通強国建設綱要』は時速600キロメートル級の高速リニアシステム、時速400キロメートル級の高速鉄道旅客輸送列車システム、低真空チューブ(トンネル)高速列車などの技術の研究開発を合理的かつ統一的に設定することを明確にした。高速リニアモーターカーには摩擦がなく、登坂能力が高く、省エネで環境に優しいといった優位性がある。高速リニアモーターカーは今後、技術の研究開発を強化し、技術の成熟度をさらに高め、経済性の比較、運営の実行可能性の分析を強化する必要がある。条件を備えた後、プロジェクトの計画と建設を推進する」と述べた。
専門家は、「時速600キロメートルの高速リニア交通システムは高速鉄道と航空輸送の間のスピードの空白を埋め、航空、高速鉄道、高速リニア、都市交通の速度段階がより合理的、効率的、フレキシブルで便利な多次元交通枠組みを形成する」と見ている。
交通運輸部の王志清(ワン・ジーチン)副部長は会見で、「リニアモーターカーが香港に進出することはあるか」という香港の記者からの質問に対して、「試験の成功により、建設を推進し、600キロメートル級の高速リニアモーターカーを早く香港まで開通させ、香港が大陸部発展の急行列車に搭乗できるようにしたい」と答えた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング