1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺、韓国政府の資料が初公開=韓国ネット「無視したら日本と同じ」

Record China / 2021年4月12日 16時20分

写真

9日、韓国・京郷新聞によると、韓国の政府機関が保有するベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺に関する資料が初めて公開された。写真はベトナム・ホーチミンにある戦争証跡博物館。

2021年4月9日、韓国・京郷新聞によると、韓国の政府機関が保有するベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺に関する資料が初めて公開された。
記事によると、韓国の弁護士団体「民主社会のための弁護士会」は同日、最高裁判所の判決に基づき、韓国国家情報院が提供した文書「マイクロフィルム撮影リスト」を公開した。
公開された文書には軍人3人の名前と地域名などが手書きで書かれていた。記事は「全部で15文字しかないが、中央政府本部(国家情報院の前身)がフォンニィ・フォンニャット村事件に関して、参戦した軍人に調査を行った記録が存在するとの事実が確認されたという点でその意味は大きい」と伝えている。同事件は、1968年2月にフォンニィ・フォンニャット村で、ベトナム戦争に参戦していた大韓民国海兵隊第2海兵師団により約70人の民間人が虐殺された事件。当時、中央政府本部は虐殺が問題となったことを受け、翌年11月に第1中隊所属の第1~3小隊長らを調査し、報告書などを作成したという。
「民主社会のための弁護士会」は1968年にこの調査資料の公開を国家情報院に求めたが拒否されたため2017年に訴訟を起こした。そして先月11日に最高裁判所で勝訴判決を得ていた。
同団体に所属する弁護士は「事件から50年以上が過ぎているため、韓国のベトナムとの外交的国益が重大な侵害を受けることはない」とし、「国家情報院が同事件について、当時の将兵らを調査した記録の全てを公開するべきだ」と主張しているという。
なお今月12日にはソウル中央地裁で、同事件の被害者だと主張するベトナム人が韓国政府を相手取り起こした損害賠償請求訴訟の2度目の裁判が開かれる予定となっている。
これを見た韓国のネットユーザーからは「韓国政府は同事件を謝罪し、賠償もするべき。日本のように知らんぷりしてはいけない。少なくとも個人の請求権は認めないと」「韓国には恥ずかしい過去を認めて反省できる国になってほしい」「ベトナム人の訴えを無視していたら、日本と同じだ」「そういう時代だったとはいえ、間違いは間違い。心から謝罪してほしい」など韓国政府の謝罪や賠償を求める声が上がっている。
一方で「民間人を装って韓国軍を襲撃したベトナム兵士にも補償を求めたい」「戦争中の銃声が飛び交う中でベトナム兵士と民間人をどう見分けろと言うのか。なぜ韓国軍だけを悪者にする?」などの反論も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング