1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

「中国軍関係のハッカー集団が対日サイバー攻撃」報道に中国外交部がコメント

Record China / 2021年4月21日 18時30分

写真

中国軍と関係するハッカー集団による対日サイバー攻撃に関する日本メディアの報道について、中国外交部の汪文斌報道官が20日の定例記者会見で質問に答えた。

中国軍と関係するハッカー集団による対日サイバー攻撃に関する日本メディアの報道について、中国外交部の汪文斌(ワン・ウェンビン)報道官が20日の定例記者会見で質問に答えた。
【記者】中国軍と関係するハッカー集団が日本に対するサイバー攻撃を200回近く行ったとする日本メディアの報道について、中国側としてコメントは。
【汪報道官】報道に留意している。中国が一貫して強調しているように、サイバー空間はバーチャル性が強く、追跡が困難で、アクターが多様だ。サイバーインシデントの捜査及び特定に際しては十分な証拠に基づくべきであり、いわれなき憶測をしてはならない。中国はそれがいかなる国や機関であろうとも、サイバー攻撃問題にかこつけて中国を中傷し、あるいは卑劣な政治目的のためにサイバーセキュリティー問題を利用することに断固として反対する。
私が強調したいのは、サイバー攻撃は各国が共通して直面する試練だということだ。中国国家インターネット経済センターの報告によると、今年2月だけで中国国内の83万のIPアドレスのホストコンピュータが8734のトロイの木馬やゾンビプロセスによってコントロールされ、その70%は国外からのものだった。中国は各方面と対話や協力を強化し、サイバーセキュリティー上の脅威に共同で対処したい。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング