1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

日本好き店主の居酒屋に批判殺到、結局廃業へ=韓国ネット「時期と国が悪かった」「まるで魔女狩り」

Record China / 2021年5月7日 19時20分

写真

5日、韓国・マネートゥデイなどによると、日本語での注文を強要して物議を醸していた韓国の居酒屋が、相次ぐ批判に耐えられず廃業することとなった。資料写真。

2021年5月5日、韓国・マネートゥデイなどによると、客に日本語での注文を要求して物議を醸していた韓国の居酒屋が、相次ぐ批判に耐えられず廃業することとなった。
記事によると、韓国のインターネット掲示板に先月30日、全州(チョンジュ)市にある居酒屋の「注文ルール」に関する案内文の写真が掲載された。案内文には「注文は必ず日本語でしてください。注文時に韓国語を使った場合、罰金500ウォン(約48円)になります」との注意書きの他、日本語のあいさつ、メニューなども書かれていた。これを見たネットユーザーからは「ここは韓国なのにおかしい」と反発の声が上がっていた。
こうした事態を受け、当該居酒屋のホームページには「健康上の理由で廃業を決めた。6年間ありがとうございました」という書き込みが掲載された。店主は「日本で22年間生活し、周りの日本の方々に本当によくしてもらった」とした上で、「帰国後、日本に行ったことのない韓国の方々に対して、日本の食べ物や日本語などの日本文化を伝えたかった。日本との関係改善に少しでも役立てるよう、現地の居酒屋を間接的に体験できる空間をつくろうというのがオープン時のコンセプトだった。私の考えの甘さから問題になった部分もないとは言えず、反省および自粛中だ」と説明したという。なお罰金については「徴収したことがない」という。
これに対し韓国のネット上では「批判されて当たり前」「慰安婦問題、徴用問題も解決してない。個人的な経験がどうであれ、国民の感情に合わなければ物議を醸す」「韓国ではなく日本で商売したらいいい。韓国人に日本語を強要するより、日本で気軽に注文を受けたらいいこと」と冷ややかな反応が寄せられている。
また「『日本語で注文したら1000ウォン(約100円)割引』なら好評だったと思う」「『日本語で注文したら〇〇サービス』だったら、ここまでたたかれなかっただろう」「『日本語ができる人は日本語で注文してもいいです』とかならよかったかも」「コンセプトはいいけど、時期と国が悪かった。他国なら批判されなかったはず」と指摘する声も。
一方で「現地の雰囲気を出そうと頑張ったわけであって、そこまでたたかれることじゃない。最近は敏感な人が多すぎ。適度にすべき」「そんなに悪いこと?500ウォンも冗談だっただろうに、魔女狩りのように批判しすぎ」と警鐘を鳴らす声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング