1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

”裸キムチ映像”で中国産キムチの輸入が急減した韓国、わずか1カ月で元通り?=韓国ネット「情けない」

Record China / 2021年6月18日 17時20分

写真

17日、韓国メディアは、裸の男性が泥水のように濁った塩水で白菜を漬ける「裸キムチ映像」の拡散により不買運動が行われていた中国産キムチの輸入量が1カ月で増加に転じたと報じた。写真はキムチ。

2021年6月17日、韓国メディア・韓国経済は、裸の男性が泥水のように濁った塩水で白菜を漬ける様子が収められた「裸キムチ映像」の拡散により不買運動が行われていた中国産キムチの輸入量がわずか1カ月で増加に転じたと報じた。

記事によると、韓国関税庁の輸出入貿易統計で5月の中国産キムチの輸入量は前月比16.9%増の2万1147トンを記録した。4月の輸入量は1万8977トンで、16年7月以降最少となっていた。

輸入額も4月は991万ドル(約10億8500万円)で19年6月以降初めて1000万ドルを下回っていたが、5月は9.9%増の1090万ドルとなった。記事は「1カ月で再び平均水準に回復した」と説明している。

韓国では3月に「裸キムチ映像」が拡散した後、消費者の間で中国産キムチを提供する飲食店を避けるなどの不買運動が行われ、輸入が急減していた。ところが今回再び増加に転じたことから、記事は「不買運動の勢いが弱まったのではないか」と指摘している。

こうした動きについて、食品・外食業界では中国産キムチと韓国産キムチの「圧倒的な価格差」が生んだ結果とみているという。中国産キムチの価格は韓国産の3分の1にも満たないため、消費者が不買運動をしても、実際に飲食店などが中国産を韓国産に変えるのは難しい状況という。

一方、韓国のキムチ製造企業や地方自治体ではキムチの競争力を上げるための研究も進んでいる。16日には全羅南道がキムチ生産企業の関係者らを集め、キムチの生産費削減技術に関する説明会を開催したという。

このニュースに韓国のネットユーザーからは「情けないな」「韓国人の鍋根性(熱しやすく冷めやすい)は深刻だ。いつもわっと盛り上がってすっと冷めてしまう」「韓国産を使ったら稼げない。飲食店の人たちがこんなマインドで商売しているから中国産が増えるに決まっている」と嘆く声が寄せられている。

また「今も不買運動を続けている」「あの映像を見てから飲食店のキムチは絶対に食べない」と根強い声や、「あの映像を見て初心を思い出そう」「1カ月に1回、テレビであの映像を流すべきだ」と提案する声も。

その他「他の食べものも同じでは?」「問題はキムチだけではない。韓国の白菜に中国産の唐辛子粉を使ったら同じ」「不買したところで意味ないよ。中国産を韓国産と偽って出す店が多いだろうから」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング