1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

鳩山由紀夫元首相が程永華元駐日大使と対談「中国は決して脅威ではない」

Record China / 2021年8月23日 13時0分

写真

鳩山由紀夫元首相と中国の程永華元駐日大使が「中国の発展は脅威なのか、それともチャンスなのか」をめぐり対談を行った。

「今日の中国を理解するには、中国共産党を理解しなければならない」。中国は西側と異なるモデルを用いて、人類史上未曾有の速度と規模の発展を実現した。これは中国に発展をもたらしただけではなく、自らの国情に合った発展の道を歩み、さらに素晴らしい社会制度を探求するよう多くの国々を鼓舞した。

中国共産党が創立100周年を迎えるにあたり、人民網では特集「中国を読み解く(UNDERSTAND CHINA)」をお送りする。各国政界の要人や国内外の学者を対談に招き、異なる視点の意見交換や意思疎通を通じて、真実の、立体的かつ全面的な中国を読み解いていく。

今回は日本の鳩山由紀夫元首相と中国の程永華元駐日大使が「中国の発展は脅威なのか、それともチャンスなのか」をめぐり対談を行った。

■「中国は決して脅威ではない」

21世紀に入って以来、中国経済の持続的な急成長にともなって、「中国脅威論」が勢いを増した。これについて鳩山氏は、「私自身は中国を決して脅威だとは思っていない」と述べた。

鳩山氏は、「30年前、中国経済は米国経済の7%にも満たなかった。当時は、米国は中国のことを本気で心配をすることもなかった。ただ今日、中国のGDPはすでに米国のほぼ7割になり、購買力平価ではもう逆転しているとすら言われている。しかも2019年には特許の件数でも中国が米国を抜いてトップに躍り出た。中国はさまざまなものを模倣して今日の経済を発展させてきたなどというような時代ではないということだ。米中の力の接近という状況が続いていく以上、『中国脅威論』というものが米国から、あるいは世界からなくなることはないと思わなければならない」と指摘。

さらに、「米中対立がこれ以上進む前に、地球温暖化の問題や新型コロナ対策で両国の協力の実績を示すことが、極めて重要だ」との考えを示した。

程氏は、「中国としては、あくまでも平和的発展を実現し、実行していく。中国の発展のスローガン・モットーは、平和、発展、協力、ウィンウィンであり、中国自身の平和的発展を実現し、世界各国と共同の繁栄・発展を実現していく」と述べた。

40年以上にわたる外交官人生において、程氏は駐日大使を9年以上務め、駐中大使として最長記録となった。現在の中国外交について程氏は、「習近平国家主席が繰り返し述べられているように、中国は国際的に公平、正義を求め、人類運命共同体、また新しい形の国際関係の構築を推進していく。国際的な公平と正義を守るために、そして中国自身の平和的発展を守るために、中国は当然これに異なる声に対しては声を出して、中国の主権、安全、発展の利益を守り、自分の進むべき方向をあくまでも堅持していくものだと理解している」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング