1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

「他国の船舶が進入したら報告」…中国新法令には南シナ海紛争海域も含まれる―米華字メディア

Record China / 2021年8月31日 12時0分

写真

30日、米華字メディア・多維新聞は、中国政府が外国船舶の「中国領海」進入時に海事当局への報告を義務付ける新たな法令を発表したと報じた。写真は中国の港。

2021年8月30日、米華字メディア・多維新聞は、中国政府が外国船舶の「中国領海」進入時に海事当局への報告を義務付ける新たな法令を発表したと報じた。

記事は、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの30日付報道を引用し、中国海事局がこのほど「9月1日より外国船舶が中国領海に侵入する際には中国海事局に身分と貨物情報を報告しなければならない」とする公告を発表したと紹介。対象範囲には周辺国との領有権争いがある南シナ海の海域も含まれていると伝え、中国の軍事専門家・宋忠平(ソン・ジョンピン)氏が「中国の領海管理を標準化する措置。主権維持、安全保証能力が高まる」と解説したとしている。

また、中国南海研究所の康霖(カン・リン)副所長が「軍事目的で使用される民間用船舶も対象に含まれる。漏れを防ぐために、12カイリ以内の沿海水域とともに、わが国が主権を持つ南シナ海水域にも適用される」と語ったことを伝えた。

記事は、今回中国政府が公告を出した背景として、7月に米海軍の駆逐艦が「西沙(パラセル)諸島の中国領海に不法侵入した」問題を挙げている。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング