1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

韓国、潜水艦からSLBM発射実験に成功、米露中や北朝鮮などに続き8番目の保有国に

Record China / 2021年9月12日 8時20分

写真

韓国海軍が潜水艦から国産の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を水中発射する実験に成功。韓国は米国、ロシア、中国、北朝鮮などに続いて世界8番目のSLBM保有国となった。イメージ写真

韓国海軍は潜水艦「島山安昌浩」から国産の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を水中発射する実験を1日に初めて行い、成功した。聯合ニュースなどが軍消息筋の話として伝えた。これにより、韓国は米国、ロシア、中国、北朝鮮などに続いて事実上、世界8番目のSLBM保有国となった。

聯合ニュースなどによると、「島山安昌浩」は海軍の初の3000トン級潜水艦で、SLBM発射管が6本のコールドローンチ (潜水艦の発射管から空気の圧力でミサイルを水の外に押し出した後に空中でエンジンを点火する) 方式の垂直発射台を備えている。

SLBMは国産の射程500キロの弾道ミサイル「玄武2B」をベースに開発され、「玄武4-4」と命名された。日本海や朝鮮半島西側の黄海から北朝鮮全域を精密攻撃できるといわれている。SLBMは潜水艦で監視網を避けて移動した後に発射できることから、“ゲームチェンジャー”になると評価されている。SLBMは巡航ミサイルに比べはるかに高速で、迎撃が難しいという強みがある。

非公開の水中射出試験は国防科学研究所(ADD)主管で1日に初めて行われた。海軍は昨年末のSLBM地上射出試験に続き、バージ船を利用した水中射出試験を成功裏に実施し、今回の潜水艦搭載水中試験発射に臨んだとみられる。海軍はさらに1、2回の発射実験を行った後にSLBMを量産し、来年8月ごろに実戦配備する方針という。

SLBMの母艦となる「島山安昌浩」は、頭脳の役割を果たす戦闘システムや音響探知装備のソナー、推進モーターなど韓国国内の製品を相当数搭載し、国産化率は76%に達する。全長83.5メートル、幅9.6メートルで非大気依存推進システム(AIP)を備え、最大3週間近く浮上することなく水中で作戦ができる。

最大潜降深度は400メートル以上で、建造費は1兆ウォン(現在のレートで約946億円)に達する。SLBMは通常、原子力潜水艦に搭載され、通常動力の潜水艦に6基も搭載するケースは韓国が初めてとされる。北朝鮮はSLBMのバージ船を利用した水中射出試験には成功したが、まだ潜水艦に搭載した状態で水中試験発射はできていないとみられる。

今回の水中発射成功について、韓国国防部は「単位戦力の個別的事項は、保安上発表することはできない」として、公式に確認はしていない。一方で2日に国防部が発表した2022~2026年国防中期計画によれば、「海上から地上の戦略標的を破壊できるよう精密打撃が可能な中型潜水艦を持続的に確保し、戦略的抑止力を強化する」と明らかにしており、今後はSLBM水中発射管が10基ある潜水艦の建造も計画している。(編集/日向)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング