1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

新型コロナワクチン接種した米国人の14%、ワクチン接種拒む友人との関係断つ―中国メディア

Record China / 2021年9月19日 15時0分

写真

中国紙・環球時報(電子版)の16日付報道によると、新型コロナウイルスのワクチンを接種した米国人の14%が、ワクチンの接種を拒んでいる友人との関係を断ったことが最新の調査で分かった。資料写真。

中国紙・環球時報(電子版)の16日付報道によると、新型コロナウイルスのワクチンを接種した米国人の14%が、ワクチンの接種を拒んでいる友人との関係を断ったことが最新の調査で分かった。

調査会社のOnePollが今月、米国の1000人を対象に実施した調査によると、ワクチンを接種した回答者の14%が、ワクチンの接種を拒んでいる友人との関係を断った。

調査ではまた、ワクチンを接種した回答者の大多数(97%)が、付き合いをやめた友人が「完全な反ワクチン派」だと信じていることも分かった。

環球時報は「米国でワクチン接種は親戚間・友人間の不和を生む重要な問題の一つになっている」とし、その一例として、米女優ジェニファー・アニストン(52)が新型コロナワクチンを接種していない友人との関係を断つと表明したことを伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング