1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

“全面封殺”の女優ヴィッキー・チャオ、行方不明から42日ぶりにSNSで反応見せる

Record China / 2021年10月8日 12時30分

写真

中国当局による芸能界の引き締めが強化されたことで、全面的な封殺対象と報じられる女優のヴィッキー・チャオ(趙薇)が7日、42日ぶりに動きを見せたことが注目を浴びた。

中国当局による芸能界の引き締めが強化されたことで、全面的な封殺対象と報じられる女優のヴィッキー・チャオ(趙薇)が7日、42日ぶりに動きを見せたことが注目を浴びた。

中国の女優ヴィッキー・チャオは今年8月末、これまでの出演作が動画配信サービスから一斉に姿を消したことが話題になった。続いてヴィッキー・チャオ本人も完全に姿を消し、当局の公式発表はないものの封殺対象になったとの認識が広まり、理由についてはアリババ・グループ創業者のジャック・マー(馬雲)氏との関係や、手広く行っていた投資活動に関する問題が指摘されている。なお、このほど中国のネット上で拡散された最新版「封殺リスト」では、芸能人25人の筆頭に名前が記されていた。

人前から姿を消して長いヴィッキー・チャオだが、7日に台湾の女優ルビー・リン(林心如)のインスタグラムの投稿に反応したことが分かり、一気に注目の的となった。この投稿はルビー・リンが食事の写真を撮って公開したもので、ヴィッキー・チャオのアカウントが「いいね」を送ったことが確認できる。なお、ヴィッキー・チャオはブレーク作となった90年代の大ヒットドラマ「還珠姫 ~プリンセスのつくりかた~」でルビー・リンと共演している。

8月末に姿を消して行方不明になってから、ヴィッキー・チャオが何らかの反応を見せたのは42日ぶりと報じられている。これに対してファンの間からは、「ちょっとした反応でもうれしい」「SNSを見る程度には、心のゆとりが持てたのかもしれない」といった喜びのコメントも上がっている。(Mathilda)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング