1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

台湾巡り米中とも「現状維持」確認=米「戦略的曖昧」、中国「平和的統一」を堅持―米中関係筋

Record China / 2021年10月21日 10時0分

写真

米中関係筋によると、中国が台湾に対して軍事行動に踏み切る可能性は極めて低い。9月の米中首脳電話会談で「現状維持」「一つの中国」などを堅持することが話し合われたという。

安全保障に詳しい米中関係筋が明らかにしたところによると、中国が台湾に対して軍事行動に踏み切る可能性は極めて低い。9月の米中首脳電話会談で「現状維持」「一つの中国」などを堅持することが話し合われたという。

2022年は中国にとって重要なイベントが目白押し。冬季オリンピック・パラリンピック、同年10月に最も重要な中国共産党大会を控えている。さらに、中国にとって経済発展は至上命題。台湾の武力統一は大きな混乱を招きリスクは甚大だ。中国人民解放軍が台湾侵攻に十分な訓練をしていないことも要因となり、台湾侵攻はありえないと同筋は見ている。

一部の米軍関係者は2年以内に中国による台湾侵攻が考えられると警告。元自衛隊制服組トップも「中国は確実に台湾に侵攻する」と警鐘を鳴らしている。しかし中国は軍事行動を控えるというのが、米国や他の同盟国の情報当局の一致した見方という。

◆9月の米中電話会談で歩み寄る

同筋は9月9日に行われたバイデン大統領と習近平国家主席との電話会談に注目。90分に渡った会談で、バイデン大統領が「従来の『現状維持』の立場を堅持する」と言明。これに対し、中国側は「バイデン大統領は米中間の経済面及び安全保障面の競合関係の中で、台湾問題を圧力材料に使う気はない」と受け止めたという。

ホワイトハウスの声明によると、この会談で両首脳は、米中の競争が紛争につながることを回避する必要性について協議。「幅広い戦略的な協議」を行ったという。その上で声明は「両首脳は競争が紛争とならないよう両国の責任について協議した」と表明した。

中国の国営メディアも習近平国家主席とバイデン大統領が電話会談し、両国関係や共通の懸念事項について広範で率直かつ踏み込んだ戦略的協議を行ったと伝えた。米中両国は頻繁に連絡を取り合い、実務レベルの担当者同士の対話を増やすことで合意したという。

習主席は「中米は戦略的な勇気と洞察力、政治的な大胆さを示し、中米関係をできる限り早期に安定的発展の正しい軌道に戻すべきだ」と提唱。さらに同主席は、双方の核心的問題が尊重されれば、気候変動などの分野で外交の突破口が開ける可能性があるとの認識を示し、気候問題は両国間関係の「プラス要因」になり得ると指摘した。

電話会談は貿易問題で譲歩を求める米側が呼びかけた。もともとバイデン氏と習氏は旧知の仲で1週間にわたり中国国内を一緒に旅行したこともあり、年内の首脳会談開催で合意している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング