1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

海南省の宅配業が初の貨物定期便路線を開設―中国

Record China / 2021年11月5日 8時0分

写真

貨物航空会社の中国郵政航空の「CF9055便」が1日午後10時、貨物の積み込みを完了した。

貨物航空会社の中国郵政航空の「CF9055便」が1日午後10時、貨物の積み込みを完了した。この便は海南省の海口美蘭国際空港を離陸して2時間50分後に江蘇省の南京禄口国際空港に到着した。これにより中国郵政の「海口-南京」の貨物路線が正式に就航した。同路線は海南省の宅配業が開設した初の貨物定期便路線となる。中国新聞網が伝えた。

同路線ではボーイング社のB737-3/400型機が使用され、毎週月曜日から金曜日まで5便が運行し、輸送エリアは北京市、天津市、河北省、山西省など25省・区・市をカバーし、「翌日配達」が可能な都市を新たに45カ所増やし、年間に輸送する貨物は2500トンを上回る見込みだ。

海口-南京貨物路線の就航により、海南の郵政事業運営ネットワークが整備され、海南の離島免税商品を顧客の元に送り届けるサービスが向上し、熱帯の海南島ならではの農業特産品が効率よく島外に運ばれるようになり、海南の商品の全国的な競争力が上昇し、海南の自由貿易港経済建設をサポートすることになる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください