1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

米原潜の衝突事故、米軍が放射性物質の探知能力を持つ偵察機で調査―香港紙報道

Record China / 2021年11月14日 10時40分

写真

米海軍の原子力潜水艦が南シナ海で起こした衝突事故で、香港紙は現場付近の上空で放射性物質を探知できる米軍偵察機が調査活動と報じた。米軍は「原子力推進機関には被害なし」としていた。

米海軍の原子力潜水艦が10月初旬、南シナ海で潜航中に起こした衝突事故をめぐり、米軍が衝突現場付近の海域上空に放射性物質の探知能力を持つ偵察機を派遣し、調査活動を行っていたことが明らかになった。香港紙が報じた。事故後、米軍は「原子力推進機関に被害はなかった」としていた。

事故を起こしたのはシーウルフ級攻撃型原子力潜水艦「コネティカット」。米海軍によると、10月2日、南シナ海の公海で潜航中に正体不明の物体に衝突し、艦首の一部がえぐれるなど強い衝撃を受けて乗組員15人が負傷した。事故後、コネティカットは浮上したまま自力でグアム島に戻った。グアム島で損傷状況の点検を終えた後、ワシントン州ブレマートンの基地に戻って修理される。

米CNNなどによると、事故原因について、米海軍は「調査の結果、正体不明の物体は海図に載っていない未知の海山だったことが分かった」と発表。調査結果を受け、「適切な判断、航行計画に際しての慎重な意思決定と手順の順守、監視班の職務遂行、リスク管理があれば防げた事故だった」として、艦長、副艦長と最先任上級曹長が解任された。

この事故について、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」(SCMP)は「米軍は11月に入って現場付近の海域上空に放射性物質を探知するWC-135コンスタントフェニックスなどの偵察機を飛行させ、調査活動を行っていたことが明らかになった」と報道。「放射能漏れの可能性も排除できない状況だ」と伝えた。

北京に拠点を置く海洋シンクタンク「南海戦略態勢感知計画」(South China Sea Strategic Situation Probing Initiative)はホームページ上で、衛星画像から、コンスタントフェニックスを含む米軍の偵察機5機が事故海域上空で活動していたことを明らかにした。

SCMPは北京の軍事専門家の「コンスタントフェニックスが南シナ海地域に来るのは珍しい。この地域での最後の活動は、2020年1月にさかのぼる」との話を紹介。専門家は「コンスタントフェニックスは放射性物質を調べるために南シナ海地域に滞在していた可能性がある」との分析を明らかにした上、「コネチティカットが海中事故で船体にダメージを受けた際、放射能漏れがあった可能性を示唆している」とも話したという。

今回の事故に関して中国外交部は繰り返し「深刻な懸念」を表明。米国に詳細な説明を求めている。さらに「米側は『原潜が正体不明の物体に衝突した』という支離滅裂な声明を出すなど、透明性が欠如しており、米政府の無責任さを露呈している」と強く批判していた。(編集/日向)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください