1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

水素エネルギーバスを冬季五輪競技エリアに導入―北京市

Record China / 2021年11月13日 8時30分

写真

日差しが燦燦と降りそそぐ北京市中関村延慶園内に、先ごろ緑と白、オレンジの3色がデザインされた真新しい車体の水素エネルギーバス30台がずらりと並び、人々の注目を集めていた。

日差しが燦燦と降りそそぐ北京市中関村延慶園内に、先ごろ緑と白、オレンジの3色がデザインされた真新しい車体の水素エネルギーバス30台がずらりと並び、人々の注目を集めていた。科技日報が伝えた。

水素動力(北京)科技サービス有限公司の職員は、「水素エネルギーバスは100キロメートルの走行で二酸化炭素(CO2)排出量を70キログラム削減できる。これは樹木14本の1日の吸収量、もしくは成人の約50日の排出量に相当する。真のゼロエミッションとゼロ汚染を実現できる」と説明する。

情報によると、同社の水素エネルギーバスは1日から正式に冬季五輪延慶競技エリア中心エリアで試験運転を開始。試験運転路線の始点は延慶市街地で、終点は国家アルペンスキーセンターの全長38キロメートル。各バスは新型コロナ感染予防・抑制の要求に基づき、乗客を定員の半数のみとする。冬季五輪サポート人員が約20人このバスに乗って移動することができる。

説明によると、水素エネルギーバスが搭載するのは中国が独自に製造した「氫騰」シリーズ燃料電池で、氷点下30度の低温でも起動することができる。設計上の時速は100キロメートル、水素のみでの航続距離は約450キロメートル。低温や登坂などの道路状況及びシーンに対応し、北方都市の寒冷時の低温運行要求を満たしている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください