1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

韓国初のオミクロン感染者がうその供述、濃厚接触者は400人の集まりに参加=韓国ネットで批判続出

Record China / 2021年12月2日 19時20分

写真

2日、韓国・中央日報によると、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」の韓国初の感染者である牧師夫婦が、防疫当局の疫学調査でうその供述をしていたことが分かった。写真は韓国のタクシー。

2021年12月2日、韓国・中央日報によると、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」の韓国初の感染者である牧師夫婦が、防疫当局の疫学調査でうその供述をしていたことが分かった。

記事によると、仁川市在住の40代の牧師夫婦は、ナイジェリアを訪問し、先月24日に仁川国際空港から帰国。25日にコロナ陽性と判定され、今月1日にオミクロン株への感染が確認された。夫婦は最初の疫学調査で「空港から自宅まで防疫タクシー(海外から入国した人が他人と接触せず保健所などに行くための専用タクシー)に乗った」と話していた。

ところが実際は、30代の知人が運転する車で自宅に帰っていたという。このためこの知人は、夫婦がコロナ陽性判定を受けた後も濃厚接触者に認定されず、通常通り日常生活を送っていた。その後発熱などの症状が出たため検査を受け、先月29日に陽性が確認されたという。

知人は夫婦を自宅まで送った後、飲食店やスーパー、歯科医を訪れていた。陽性判定を受けるまでの6日間で87人と接触し、そのうち11人が濃厚接触者に認定された。濃厚接触者のうち3人はオミクロン株感染の疑いがあるとして調査を受けているという。

さらにこの知人が28日には仁川市内の教会を訪れ、行事に参加していたことも発覚し、大規模な地域内流行が懸念されている。行事には411人が参加、別の時間に行われた礼拝にも400人が参加していたという。

記事は「夫婦がうそをつかず、この知人を迅速に隔離していれば地域内流行の危険性は低かった」と指摘している。防疫当局は夫婦を「感染病および管理に関する法律」に違反した疑いで告発する方針だという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「牧師ともあろう人たちがうそをつくなんて」「教会に通ってうそを学んでいるの?」「なぜ自分のことしか考えられないのか」など批判の声が続出している。

また、韓国ではたびたび宗教施設での集団感染が問題になっていることから「またか」「もううんざり」「教徒たちがK-防疫を台無しにする」「またふりだしに戻った。新天地(韓国でコロナ感染が最初に拡大するきっかけとなった教会)の時と同じにおい」など呆れ声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください