1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

中国自動車市場で独立ブランドが海外ブランドを初めて上回る、外資企業の巻き返しはあるか

Record China / 2024年2月7日 7時30分

写真

中国自動車業界の2023年の年間データが発表された。中国メディアは独立ブランドの時代が到来したと盛り上がっている。写真は南京市内の駐車場。

中国自動車業界の2023年の年間データが発表された。中国メディアは独立ブランド(自主品牌)の時代が到来したと盛り上がっている。自主品牌の対義語は合資品牌といい、外資合弁企業の海外ブランドのことだ。外資の現況から2024年の中国自動車市場を展望したい。

2023年の乗用車統計

1月9日発表の乗聯会(乗用車市場信息聯席会)のレポートによると、2023年の乗用車卸売販売台数は前年比10.2%増の2553万1000台だった。世界一となった輸出は同62%増の383万台で、国内小売販売は同5.6%増の2169万9000台だった。メーカー別の販売台数も発表された。

1位 BYD(比亜迪) 270万6075台 50.0%増

2位 一汽大衆(VW) 184万6617台 3.8%増

3位 吉利汽車 141万2415台 14.4%増

4位 長安汽車 137万2199台 77.%増

5位 上汽大衆(VW) 123万1433台 1.0%減

6位 広汽トヨタ 90万1027台 7.3%減

7位 上汽通用(GM) 87万0011台 16.1%減

8位 奇瑞汽車 81万1230台 12.9%増

9位 一汽トヨタ 80万2095台 0.3%増

10位 長城汽車 76万0091台 0.2%増

ちなみに外資100%のテスラ上海は37.3%増の60万3664台だった。

トップ10は国内5社、外資5社と半々だが、国内各社はBYDの50%を筆頭に全社伸びているのに対し、外資系は2勝3敗。この結果、2023年に独立系と外資系のシェアが初めて逆転した。中国メディアは高揚感に包まれ、BYD、吉利、長安、奇瑞の4社を挙げ、独立系の躍進を大きく伝えた。

2023年12月の車種別データ

2023年12月の車種別データがある。同月の販売台数は前年同期比8.5%増の235万3000台だった。その内訳は、独立ブランドが同17%増の124万台、外資系ブランドが同7.9%減の79万台で、差が拡大した。シェアは、ドイツ系が前年同期と変わらず20.5%、日系が同2.3%減の16.5%、米国系が同7.3%減の7.3%だった。同月の新エネルギー車比率は40%を超えた。

以下は車種別の販売台数トップ20を外資系、独立系に分けたデータだ。

外資系

2位 Model Y(小型セダン) 上海テスラ EV 6万2000台

3位 宏光Mini(コンパクト) 上海通用五菱 EV 5万1000台

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください