1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

天津市初のスマートコネクテッドカーのモデル応用路線が開通―中国

Record China / 2024年2月27日 19時30分

写真

天津市初のスマートコネクテッドカーのモデル応用路線が26日に、同市の宝坻区で正式に開通しました。

天津市初のスマートコネクテッドカーのモデル応用路線が26日に、同市の宝坻区で正式に開通しました。

このモデル路線は全長11.3キロで、京唐城間鉄道宝坻駅と京津中関村科技城を結び、沿線には中央公園など五つのバス停があり、時速が70キロに達し、片道で18分しかかからないということです。

紹介によると、このモデル路線は統一基準のクラウド制御プラットフォームに基づいて、スマートコネクテッド路線バスのリアルタイムの感知、意思決定、計画およびモニタリングと管理を実現し、リアルタイムで道路上の突発的状況に反応することができ、自動運転下の歩行者および車両検知、減速回避、緊急停車、障害物迂回(うかい)、車線変更、自動的バス停停車、路車協調などの機能を実現して、後続の拡張とより多くの使用場面へのアクセスをサポートします。また、モデル路線の全線19の交差点で信号制御の適応最適化とアクティブ式路線バスの優先通行を実現し、従来の「自動車が信号を待つ」から「信号が自動車の状況を検知する」にグレードアップし、片道通行時間が大幅に減少し、全体で47%短縮されました。路線では、配車予約ミニプログラム、路線バスの集中制御システムおよびクラウド制御基盤プラットフォームをフルにリンクさせた取り組みも実現しました。(提供/CRI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください