埼玉県立自然の博物館、特別展「化石でたどる2000万年」

リセマム / 2019年6月17日 17時15分

知って!埼玉 化石でたどる2000万年

 埼玉県立自然の博物館は2019年7月6日から2020年1月13日まで、令和元年度(2019年度)特別展「知って!埼玉 化石でたどる2000万年」を開催する。県内各地から出た代表的な化石を展示し、埼玉の地質や自然の魅力について紹介する。

 特別展「知って!埼玉 化石でたどる2000万年」では、埼玉の自然の成り立ちを4つの時代に分けて紹介。秩父地域から発見された推定全長8mのヒゲクジラの実物化石や、深谷市から産出したサイ頭骨化石、入間川流域から産出したゾウ化石、横瀬町から発見されたトラ牙化石など、県内各地から出た代表的な化石を展示する。また、寄居町から出土した埼玉県最古級の石器や、皆野町から出土した縄文人全身骨格も展示する。

 さらに、さまざまな岩石や化石が見られる秩父地域や、古墳時代から3m以上も地盤沈下し、完全に地面に埋没した古墳が見つかっている羽生市の加須低地など、地質的・地理的な特徴から埼玉県の魅力も紹介する。

 2019年7月14日と8月11日、9月14日、10月6日、11月24日、2020年1月13日は担当学芸員による展示解説を実施。毎回午後1時30分から開始予定。申込不要。参加無料(入館の観覧料別)。

 観覧料は、一般200円、高校・大学生100円、中学生以下無料。障害者手帳等持参者および介助者1名は無料となる。

◆知って!埼玉 化石でたどる2000万年
期間:2019年7月6日(土)~2020年1月13日(月・祝)
休館:2019年9月2日(月)~9日(月)、30日(月)、10月7日(月)、21日(月)、28日(月)、11月11日(月)、18日(月)、25日(月)、12月2日(月)、9日(月)、16日(月)、23日(月)、29日(日)~31日(火)、2020年1月1日(水)~3日(金)、6日(月)
会場:埼玉県立自然の博物館 2階企画展示室(埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1)
観覧料:一般200円、高校・大学生100円、中学生以下無料
※障害者手帳等持参者および介助者1名無料

<展示解説>
日程:2019年7月14日(日)、8月11日(日・祝)、9月14日(土)、10月6日(日)、11月24日(日)、2020年1月13日(月・祝)
時間:毎回13:30開始予定
参加費:無料(入館の観覧料別)
申込:不要

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング