【全国学力テスト】結果概要や各教科の指導ポイントなど、説明資料を公開

リセマム / 2019年8月20日 11時45分

国立教育政策研究所

 国立教育政策研究所は2019年8月19日、「2019年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査の調査結果を踏まえた学習指導の改善・充実に向けた説明会」の資料などをWebサイトで公開した。説明会は、2019年8月22日に東京、8月27日に北九州で開催される。

 2019年度の全国学力・学習状況調査は、4月18日に実施。小学校は1万9,455校104万506人、中学校は9,950校97万7,370人が集計対象となった。今回の調査は、知識と活用を一体的に問う問題が出題されたこと、中学校で英語調査が導入されたことが特徴。説明会では、2019年度全国学力・学習状況調査の調査問題、調査結果、および結果を踏まえた学習指導の改善・充実などについて説明を行う。

 説明資料は、2019年度調査における結果の概要などをまとめたもの。「小学校国語」「小学校算数」「中学校国語」「中学校数学」「中学校英語」の各教科については、調査結果から明らかになった点や学習指導改善のポイントなどを掲載している。そのほか、各教科の報告書もWebサイトに公開されている。

 なお、説明会資料には、2020年度(令和2年度)における全国学力・学習状況調査実施予定も掲載。調査日は2020年4月16日、小学6年生と中学3年生の全児童生徒を対象に実施する。国語、算数・数学の調査が行われるほか、2013年度以来3度目となる経年変化分析調査および保護者に関する調査が抽出方式で行われる予定。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング