【中学受験2020】【高校受験2020】埼玉県私立校の募集人員、中学は10人減・高校は113人減

リセマム / 2019年9月17日 18時15分

2020年度埼玉県私立中学校および全日制高校入試における募集状況の概要

 埼玉県は2019年9月13日、2020年度(令和2年度)埼玉県私立中学校・高等学校入試要項を取りまとめ、公表した。募集人員は、全日制私立高校が前年度比人113人減の1万7,395人、私立中学校が前年度比10人減の3,758人。

 埼玉県では、県内の私立中学・高等学校へ進学を目指す児童・生徒および保護者に情報を提供することにより、利便性の向上を図る目的で、各校の入試要項を取りまとめて公表している。

 県Webサイトに掲載された募集状況の概要によると、2020年度の埼玉県内の全日制私立高校(内部進学のみの学校を除く)は、47校で前年度比113人減の1万7,395人を募集。私立中学校は、31校で前年度比10人減の3,758人を募集する。いずれも学校数の増減はなかった。

 学校ごとの入試要項には、各校の募集人員、試験区分、試験日、合格発表日、発表方法などを掲載。全日制高校では、慶應義塾志木が男子250人(内部進学20人含む)を募集。単願の自己推薦は1月23日、一般・帰国生は2月6日に試験を実施する。早稲田大学本庄は男女320人を募集。α選抜・I選抜は書類選考による1次選考を行い、1月22日に2次選考を実施。一般入学試験と帰国生入学試験を2月9日に行う。

 中学校では、浦和明の星女子が女子160人を募集し、第1回入試を1月14日、第2回入試を2月4日に行う。栄東は男女240人を募集し、A日程を1月10日、東大特待Iを1月11日、東大IIを1月16日、B日程を1月18日に実施する。立教新座は男子200人(内部進学60人含む)を募集し、第1回入試を1月25日、第2回入試を2月3日に行う。

 なお、詳細については各校に問い合わせること。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング