1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

【スズキ スペーシア 新型】スペック比較…ベストセラーのホンダ N-BOX に挑む

レスポンス / 2023年11月13日 11時30分

11月22日に新型『スペーシア』が発売される。居住空間の快適化や、積載スペースの確保など軽ミニバンのトレンドに合わせて新しくデザインされたモデルだ。


しかし、類似した車格で圧倒的な人気を誇るホンダ『N-BOX』の存在は気になるところ。後発する新型スペーシアにはハイブリッドエンジンが搭載される。この辺りが差を付けるキーとなるだろうか。


◆ボディサイズ比較


●スペーシア新型


全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1785mm
ホイールベース:2460mm


●N-BOX


全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1790mm
ホイールベース:2520mm


新型スペーシアとN-BOXの外寸はかなり近い値となっている。平面は軽枠いっぱい、わずかにN-BOXの方が背高なくらいか。また、ホイールベースは若干、新型スペーシアが長くなっているが、取り回し面でこの差が出てくるのだろうか。


◆居住性比較


●スペーシア新型


室内長:2170mm
室内幅:1345mm
室内高:1415mm


●N-BOX


室内長:2125mm
室内幅:1350mm
室内高:1400mm


室内空間は、新型スペーシアに分がある。とはいえその差はわずか。軽規格の中でいかにスペースを確保するのかという課題に対して、この差は両モデル共に最大限効率化した結果と見える。実際の使い勝手と計測値はまた別の問題だ。


◆エンジンスペック



●スペーシア新型


型式:R06D
種類:直列3気筒DOHC
総排気量:0.657リットル
最高出力:36kW(39PS)/6500rpm
最大トルク:58Nm(5.9kgfm)/5000rpm


モーター型式:WA04C
種類:直流同期電動機
最高出力:1.9kW(2.6PS)/1500rpm
最大トルク:40Nm(4.1kg/m)/100rpm


●N-BOX


型式:S07B
種類:直列3気筒DOHC
総排気量:0.658リットル
最高出力:43kW(58PS)/7300rpm
最大トルク:65Nm(6.6kgfm)/4800rpm


大きな差となるのは間違いなくハイブリッドシステムの有無だろう。新型スペーシアには全モデルでハイブリッドエンジンを搭載している。燃費性能の差は日常使いの中で重要だ。


一方で、エンジン特性に注目するとN-BOXに搭載されるエンジンは比較して高回転型であることが分かる。両者の乗り味の違いというのも比較する指標になるだろう。


◆燃費、駆動系比較


●スペーシア新型


燃費(WLTC):25.1km/リットル
最小回転半径:4.4m


●N-BOX


燃費(WLTC):21.6km/リットル
最小回転半径:4.5m


やはり燃費性能は、ハイブリッド搭載の新型スペーシアに利がある。使用するシチュエーションや道路のコンディションによって値は変動するが、燃費性能には定評のあるスズキ。実際にドライブした際の差が気になるところだ。ホイールベースは新型スペーシアがわずかに長かったが、旋回半径はも10cm小さい。


◆車両価格


●新型スペーシア


HYBRID Gは、2WDモデルで153万100円、4WDは165万6600円~。
HYBRID XS TURBOは、2WDモデルで207万3500円、4WDは219万3400円~。


●N-BOX


標準グレードは168万9000円~。
N-BOX CUSTOM ターボ コーディネートスタイルは2WDモデルで222万9700円、4WDは236万2800円~。
N-BOX CUSTOM スロープ2WDで206万7000円、 4WDは218万8000円~。


価格はやはりスズキといったところか。最も安価なグレードで新型スペーシアとN-BOXを比較すると15万円以上、最高級のモデルでは約17万円の差が出ている。


使用目的にはもちろん、オプションの上乗せを考慮すると差は、変動するが基本的に後発の新型スペーシアは、N-BOXと比較して、燃費的にも導入コスト的にもお財布に優しいモデルに仕上がっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください