1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

伊ビモータは2台を展示、テージH2の正規取り扱い?…ジャパンモビリティショー2023

レスポンス / 2023年11月14日 20時0分

イタリアの職人がハンドメイドで組み上げ、ペイントを施したモーターサイクル、それがビモータだ。川崎重工業の資本参加で再建を図るビモータは、ジャパンモビリティショー2023ではカワサキのスペースに2台を展示した。1台は参考出品の『テージH2カーボン』、一台は市販モデルの『KB4』だ。


●テージH2カーボン


テージH2は、TESIシャーシにカワサキ『Ninja H2』のスーパーチャージドエンジンを搭載したモデル。強大なパワーを生み出すエンジンは、CNCアルミニウム製のスイングアームを前後にマウントする。ハブセンターステアリングの特性を活かしたシャーシは、非常に短い制動距離と強力なトラクション性能を備え、あらゆる回転域でも飛び出すように加速するスーパーチャージドエンジンのパフォーマンスを楽しめるという。シャーシに加えて、カーボンファイバー製のボディワークが美しいフォルムを形成している。


カワサキの資本参加後、最初に誕生したモデルが「テージH2」だ。「カーボン」はカラータイプのひとつ。一時期、日本市場ではモトコルセが扱っていたが、現在、国内のカワサキ系販売店での取り扱いはない。


スペック
エンジン種類:水冷4ストローク並列4気筒、DOHC 4バルブ、スーパーチャージド
総排気量:998cc
内径×行程:76.0mm×55.0mm
最大出力:170kW(231PS)/1万1500rpm
最大トルク:141Nm(14.4kgfm)/1万1000rpm
全長×全幅×全高:2047mm×770mm×1155mm
シート高:840mm
車両重量:207kg


●KB4


「乗りやすく、トルクがあり、軽量なバイク」を実現すること、これらのコンセプトをもとに誕生したのがKB4だ。独創的な孤高のハイパフォーマンスマシンを標榜したのがテージH2なら、KB4は扱いやすさと安定性、バランスの良さを重視した“Fun to Ride”なモデルといえる。2022年3月に日本国内で発売された。


幅広いパワーバンドで扱いやすいカワサキ製1043cc水冷4ストローク並列4気筒エンジンに、アルミ削り出しパーツや高品質なカーボン素材などにより徹底的に軽量化されたシャーシを組み合わせることで、運動性能を先鋭化するという、KBシリーズの思想を継承したモデルだ。


また、600ccクラスに匹敵するショートホイールベースと最適化された前後の重量バランスで、俊敏なハンドリングと卓越したトラクション性能をめざす。前後に採用されたオーリンズ社製サスペンションとブレンボ社製ブレーキコンポーネントは、高次元な乗り味を期待させる。


スペック
エンジン種類:水冷4ストローク並列4気筒、DOHC 4バルブ
総排気量:1043cc
内径×行程:77.0mm×56.0mm
最大出力:104.5kW(142PS)/1万rpm
最大トルク:111Nm(11.3kgfm)/8000rpm
全長×全幅×全高:2050mm×774mm×1150mm
シート高:810mm(+/-8mm)
車両重量:194kg
メーカー希望小売価格:437万8000円(消費税込み)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください