1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

イタリアに敬意、アルファロメオの小型SUV『トナーレ』に特別モデル…PHEVも選択可能

レスポンス / 2023年11月18日 20時0分

アルファロメオ(Alfa Romeo)は11月16日、小型SUV『トナーレ』に「トリビュート・イタリアーノ」を設定すると発表した。グローバル展開のスペシャルシリーズになる。


トリビュート・イタリアーノは、ブランドの原点に敬意を表し、イタリアのノウハウとアルファロメオのスポーティさを象徴する特別モデルだ。ブラックルーフのツートーンカラーやボディ同色のエアロパーツ、ドアミラーカバーのイタリア国旗が特長。トナーレのラインナップの最上位に位置し、イタリア国旗の3色をモチーフにしたボディカラーとして、ロッソ・アルファ、ヴェルデ・モントリオール、ビアンコ・アルファの3種類が用意される。


Vインサート付きフロントグリルはダークミロン仕上げ。20インチのアルミホイールに赤いブレンボ製ブレーキキャリパーを組み合わせる。トナーレでは初となるボディ同色に塗装されたロアボディキット、前後バンパーサイドインサート、ホイールアーチ、サイドスカートが装備された。マットダークミロンのスキッドプレートとサイド/フロントアクセント、アダプティブフルLEDマトリクスヘッドライトも採用する。


ブラックレザーのスポーツシートには、赤を基調としたパーフォレーションが施され、前席ヘッドレストにはトリビュート・イタリアーノのロゴが刺繍された。ダッシュボード、シート、ドアパネルには、赤いステッチが施される。さらに、アルファロメオのロゴ、アンビエント照明、アルミ製キックプレートを備えた新しいカーボンデザイン・ダッシュボードが装備されている。


パワートレインにはプラグインハイブリッド(PHEV)が選択できる。「Q4」とは、アルファロメオが伝統的に用いてきた称号で、4WDを意味する。このQ4の名前を付したPHEVシステムは、排気量1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ「MultiAir」エンジン(最大出力180hp)が6速ATを介して前輪を駆動し、電気モーター(最大出力122hp、最大トルク25.5kgm)が後輪を駆動する。「Q4オールホイールドライブ」と呼ばれるPHEVシステム全体で、最大出力280hpを引き出し、0~100km/h加速6.2秒、最高速206km/hの性能を発揮する。


バッテリーは蓄電容量15.5kWhのリチウムイオンだ。EVモードの航続は、市街地サイクルで最大80km以上を確保した。エンジン併用の航続は600km以上に到達する。また、EVモードの最高速は135km/h。バッテリーの充電に関しては、出力7.4kWの急速充電器を利用した場合、フル充電までの時間は2時間30分、としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください