こんなことってアリ!? 2歳差の「双子」、仲良くバースデーを祝う

ロケットニュース24 / 2012年1月7日 17時0分

こんなことってアリ!? 2歳差の「双子」、仲良くバースデーを祝う

仲良く誕生日を祝う姉と弟。レクシーちゃん(4)とルアリドくん(2)は、2歳違いで同じ12月27日に生まれた。ところがこの二人は、双子だという。一体どういうことなのだろうか。

姉の誕生日は2007年12月27日、弟の誕生日は2009年12月27日。彼らは体外受精で同時に受精したが、2年空けて出産されたという非常に珍しい双子なのだ。

英国スコットランドに生まれた双子の両親であるダルグレイシュ夫妻は、不妊治療を受け、2007年に長女レクシーちゃんを出産した。妊娠27週で破水したため、やむなく緊急帝王切開となった。約1000グラムという小ささで誕生したレクシーちゃんだったが、2カ月の入院ののちに元気に退院した。

この妊娠の時に行った体外受精により、他にも複数の卵が同時に受精していた。夫妻はそれらを冷凍保存することにし、そして第二子出産を決めた2009年にその一つを使用したのだ。

しかし同じ日の出産を狙ったわけではない。出産予定日は、レクシーちゃんの2歳の誕生日よりも3週間先だった。ところが突然の破水で入院、2009年12月27日に弟ルアリドくんが生まれたという。

母親のヘーゼルさんは、「二人はとても仲の良い姉弟で、特別な結び付きがあるようです。ルアリドはお姉ちゃんと同じ日に生まれると決めていたかのようです。なんとも運命的な誕生劇、2年離れてしまった双子がお互いに強く呼び合ったとしか思えない。

ちなみに姉弟の祖母にあたる、ヘーゼルさんの母親の誕生日も同じ12月27日だという。更に特別になったこの日を、家族で祝うのがますます楽しみになったことだろう。

参照元:DailyMail(英文)

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング