「隠れた真実に気づくことの大切さ」を優しくそして美しく訴えかけるアート

ロケットニュース24 / 2012年1月29日 10時0分

「隠れた真実に気づくことの大切さ」を優しくそして美しく訴えかけるアート

強いアート性とメッセージ性を持った画像がここにある。

その画像には、青く透き通った美しい海が写し出されているのだが、よく見ると、一人の子どもがその海を「めくっている」のが分かる。そして海の下に潜んでいたものは、捨てられたペットボトルやビニール袋などの多数のゴミ。

これはデジタルアーティストのFerdi Rizkiyantoさんが作った作品で、タイトルは「What Lies Under(下に潜むもの)」という。

恐らく「目に見える美しさだけが、全てではない。その裏側に潜む真実にも、きちんと目を向けなければならない」というメッセージが、そのタイトルに込められているのだろう。

それにしても、このアートが発信するメッセージは、胸に心地よく響く。「こうしろ!」と押し付けがましく主張しているのではなく、「こんなことがあるんだよ」と優しく語りかけていて、スーっとそのメッセージが心に染み渡っていく。まさに一人でも多くの人に届けたい作品である。

(文=田代大一朗

参照元:Ferdi Rizkiyanto

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング