北朝鮮の首都・平壌をひとりでブラブラしてみた / 凍った川で魚釣りをする住民たち

ロケットニュース24 / 2012年2月7日 10時0分

北朝鮮の首都・平壌をひとりでブラブラしてみた / 凍った川で魚釣りをする住民たち

北朝鮮は観光客が自由に歩けないといわれているが、100%絶対にダメというわけではなさそうだ。2012年1月に北朝鮮を訪れたときは、ひとりで首都・平壌(ピョンヤン)を歩いて写真を撮るなどできた。

ひとりでブラブラ歩いたとき、カメラを首からさげていたので住民に注目されたが、それでも怒られることはなかった。今回撮影した写真と動画を公開したいと思う。

凍りついた川沿いに歩いていると、凍った川に穴を開けて釣りをしている人がいた。魚が釣れているシーンを見ることはできなかったが、けっこう楽しそう。でもマイナス15度くらいの極寒なので、かなり根気がいりそう」。

ブラブラと歩いていたところ、軍人らしき男女が土木作業をしていた。こちらがカメラを持っていたので注目されたが、「アンニョンハセヨ」と挨拶をすると軽く会釈したきた。やはりカメラを持って歩くと目立つようだ。

軍人が数十人並んで歩いているシーンを何度か見かけた。みんな若かったので学習段階の軍人なのかもしれない。中国語らしき言葉を話すおじさんもいたが、相手にしてもらえなかった

ちなみに、今回ブラブラした地域は住居が少ない川の中州のような場所。ガイドスタッフには「橋を渡らなければ歩いても大丈夫ですよ」と言われていた。どうやら、旅行者が平壌全域を自由に歩くことは難しいようだ。

Photo&Traveler: Kuzo


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング