北朝鮮のチヂミは超シンプル / 韓国や日本のようにハデなチヂミは作らない

ロケットニュース24 / 2012年2月7日 11時0分

北朝鮮のチヂミは超シンプル / 韓国や日本のようにハデなチヂミは作らない

韓国の美味しい料理といえばチヂミだ。見た目は日本のお好みお焼きに似ているが、味や具は別物。魚介類が入っていたり、野菜が入っている点は日本のお好み焼きと類似しているが、山芋を使わない点や米粉を使っている点など、大きな違いがある。

2012年1月に北朝鮮を旅行した日本人によると、首都・平壌(ピョンヤン)で「チヂミ」として食べた料理は、韓国や日本のチヂミと違うものだったという。いったいどんなチヂミだったのだろうか?

実際に平壌で食べたチヂミの写真や映像を見せてもらったところ、非常にシンプルかつミニサイズだった。クリームのような色をしており、とても薄い。実際に食べた日本人旅行者はこう語る。「現地のガイドスタッフによると、北朝鮮では韓国や日本のような大きくて具がたくさん入ったチヂミは、あまり作らないそうです」

どうやらこのチヂミは、韓国でカムジャジョンと呼ばれているシンプルなチヂミの一種に近いもののようだ。ジャガイモ粉で作った生地を焼き、豚肉のスライスを1枚のせたものである。味に関しては「すっごくシンプルで素朴な味付けで、食材そのものの味がしましたよ。とても美味しかったです」と語っていた。

Photo&Traveler: Kuzo

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング