レッドとかグリーンとか謎の液体の中を泳がされている金魚や亀 / 路上で販売

ロケットニュース24 / 2012年2月9日 11時0分

レッドとかグリーンとか謎の液体の中を泳がされている金魚や亀 / 路上で販売

路上で、レッドやグリーンの色をした液体に詰め込まれた金魚や亀が販売されている。金魚や亀が路上で売られることは驚くことではないが、それらの動物たちが入っている液体の色が、あまりにも毒々しいのだ。

中国・北京の中央駅前の路上で、男性が色つきの液体に金魚や亀を入れて売っている。ビニール袋に詰め込まれている金魚や亀たちはピンピンしているものの、その液体の色が毒々しいため「これ本当に大丈夫なの? 動物に害はないの?」と考えてしまうのも事実。

人間が食べている食品にも着色料が使われている。しかし、水の中に生きる動物たちにとって水は命を保たせる重要な存在であり、そこに着色という手をくわえて健康に害が出ないのか、食品衛生の知識に乏しいながらも不安になってしまう。

ちなみにこの金魚や亀は40元で販売されている。数十分ほど売っている男性を見学していたが、誰も買っていかなかった。やはり、色つきの液体に閉じ込められた金魚や亀を飼うことに抵抗があるのかもしれない!?
 
Correspondent: Kuzo

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング