北朝鮮のお土産を成田空港の税関で全部放棄させられた件 / 旅行者「仕方ないなあとは思います」

ロケットニュース24 / 2012年2月10日 20時0分

日本人が北京経由で北朝鮮を旅行し成田空港に戻ってきたところ、税関で北朝鮮のお土産品をすべて没収された(放棄させられた)という。2011年に平壌で開催されたサッカー日本VS北朝鮮戦で多くの日本人サポーターが渡航したが、お土産を没収されたという話はあまり聞かないが……。

この件に関して日本人旅行者は「微妙な国なので仕方ないなあとは思いますが残念です。税関スタッフは前例がないので少し待ってと言って10分くらい確認を取ってました」と語っている。以下が、成田空港で手放すことになった北朝鮮から持ってきたお土産である。
 
・成田空港で没収された(放棄されられた)北朝鮮のもの
酒1本、コーラ1本、高麗人参、箸、コチュジャン1瓶、ハブラシ、シャンプー、コンディショナー、バスフォーム、シャワーキャップ、スリッパ、くつみがき布、ビニール袋、さいほうセット、せっけん、ポスター、ハチミツ1瓶、きんちゃく袋、ハミガキ粉、アニメDVD、ドラマDVD、朝鮮語会話の本、地下鉄パンフレット、ホテルパンフレット、平壌地図、ポストカード、朝鮮観光地図、朝鮮ガイドブック、切手、封筒、便せん、北朝鮮紙幣、熊の肝の粉末。
 
成田空港の税関で任意放棄の書類にサインを書き、中国で購入したお土産以外はすべて成田空港に置いてきたという。この件に関して日本人旅行者が経済産業省に話を聞いたところ、「北朝鮮のものは、個人のお土産であれ、自分で使うものであれ輸入規制に触れます。ミサイルや核問題の経済制裁も関係しています」という説明を受けたという。

北朝鮮の旅行ガイドスタッフは日本人旅行者に「日本に持ち帰るのは問題ないよ。旅行者はみんな日本に持って帰ってる。サッカーのときもサポーターみんな持って帰ってたよ」と言っていたという。うむむむむ、持って帰れなかったではないか(笑)!

「税関では、持ち込めない理由として国交がない国ですからねって言われたんですが、それなら台湾も国交がないんですよね。なので経済産業省に聞いたところ、国交の問題というより経済制裁があるからNGと言われました」(日本人旅行者 談)。

正直、黙っていればそのまま税関をスルーできるケースもあるだろうし、お土産を放棄させられないために「あえて税関で何も言わず入国する人」もいるはずだ。そういう場合は取り締まれないと思うが、とにかく日本には北朝鮮のものを持ち込めないので皆さんも注意しよう。

ちなみに、任意放棄の書類は「任意」とはあるものの「サインをするしか選択肢がない」という状況らしい。経済産業省のスタッフもそうであることを認めているという。つまり絶対に持ち込めない。あきらめよう。しかし、すでに開封して使っている旅のためのハブラシや石鹸などはOKの場合もあるので確認が必要だ。

Photo&Traveler: Kuzo

■関連記事

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング