検索の鬼が教える「1枚の画像から様々な情報を導き出す」検索テクニック

ロケットニュース24 / 2012年2月10日 9時0分

検索の鬼が教える「1枚の画像から様々な情報を導き出す」検索テクニック

異常なまでに検索スピードが速かったり、ほとんど何の手がかりもないのに目的の画像を見つけ出したり、たった1枚の画像から様々な情報を導き出してしまう人がたまにいる。俗に言う「検索の達人」、あるいは「検索の鬼」である。彼らは一体、どのようにして検索を行っているのだろうか。

ということで今回は、とある「検索の鬼」が実践している検索テクをご紹介したい。テーマは「1枚の画像から様々な情報を導き出す」検索テクだ。

例えばネットを巡回していて、気になる1枚の画像があったとする。白いタンクトップで、黒いリュックを背負ったブロンドヘアの女性である。しかし情報がまったくない。彼女の名前は何なのか? そもそも何をしているのか? 検索の鬼がとった行動は以下の通りである。

その1:まずは画像検索サイト「TinEye」にかけるhttp://www.tineye.com/
気になる画像を保存している場合は、TinEyeにアップロード。画像のURLがわかっていれば、それを入力するだけでもいい。とにかくTinEyeは、その画像と同じ画像をネット上から探しだす。そのヒットした画像を掲載しているサイトを片っ端から見ていけば、なんらかの手がかりを入手できるという。ブラウザによっては、右クリックですぐにTinEye検索にいけるプラグイン(アドオン)が用意されているので、導入を強くオススメしたい。

その2:Google画像検索にかけるhttp://images.google.co.jp/
TinEyeを使っても効果がイマイチだったという場合は、Googleの画像検索を使う。気になる画像を、Googleのウインドウに投げ入れるだけだ。類似画像が掲載されているページがヒットするので、片っぱしから確認。検索結果をさらに「画像」にすると、一目瞭然で分かりやすい。また、この段階で、ブロンドの女性は「domain girl」と呼ばれていることが分かった。

その3:Googleの通常検索でさらに煮詰めるhttp://www.google.co.jp/
さきほど分かった「domain girl」という単語でググる。次々と日本語のページがヒットして、詳細な情報が次々と明らかになる。ドメイン切れのページに表示されるお姉さんであるということや、日本では「404姉さん」と呼ばれているということ、本当の名前に、海外ではファンクラブも存在するということ、この写真を撮影したカメラマンの妹であること……などが判明した。

基本の検索は上記の3ステップ。ここからさらに、「domain girl」や「404姉さん」で通常検索と画像検索をし、情報の精度をあげていく。検索の鬼いわく、「私が検索をするときは、かなりの確率で画像をからめて探します。文言から検索しても検索結果の画像を見たり、画像そのもので類似検索をし、出てきた画像からさらに探る……みたいな感じです」とのことである。

参照元:TinEyeGoogleの画像検索
執筆:GO羽鳥

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング